フェラーリ 「2019年F1エンジンが合法であることは証明された」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、同チームの2019年F1エンジンに対する一連のチェックとクリアランスが、不正行為をしていなかったことを証明していると考えている。

フェラーリのロードラッグアプリーチは、2019年シーズン序盤からストレートスピードの優位性をもたらしたが、夏休み後にそれは支配的なレベルに急上昇したことから疑惑の目が向けられた。

フェラーリはF1ベルギーGPから6戦連続でポールポジションを獲得したが、F1アメリカGPとF1ブラジルGP前に発令されたエンジン関連の技術指令はフェラーリの予選パフォーマンスの突然の低下のタイミングと一致した。

これにより、フェラーリのF1エンジンには不正行為の噂が広まったが、それでもFIAから処罰が下されることはなかった。マッティア・ビノットは、それがフェラーリのF1エンジンが常に合法だったことを証明していると語る。

「シーズン全体を見れは、我々は技術指令の前後で最もチェックされたチームの1つだった」とマッティア・ビノットは語る。

「そして、パフォーマンスの優位性を得たとき、我々が確かにシーズン中にそれを得たのは確かだが、我々は最もチェックされた」

「チェックされることは正常だと思うし、チェックを通じて合法性を証明しているので、それは良いことだ」

「技術指令の後、我々のマシンのチェックの回数は増えた。詳細が議論され、レビューがFIAから示された。FIAとのコラボレーションに対してできることは何でもやった」

「シーズン終盤でエンジンの操作方法を変更したことはない。これは、パワーユニットが完全に合法であることを示している」

「そうではなかったが、もし非合法性があれば、それは最初のチェックで出ていただろう」

フェラーリのCEOであるルイス・カミッレーリは、会社としての全体的な評判を指摘された不正行為の提案に不満を抱いている。

「フェラーリは公開会社です。世界中で知られている。整合性とコンプライアンスが重要だ。このような疑惑の目を向けるとき、人々はそういった要因を考慮する必要があると思う」

フェラーリは、最終戦アブダビGPでシャルル・ルクレールのクルマのレース前の燃料がチームによって申告された量と一致しなかったことで50000ユーロ(約600万円)の罰金を科されられた。

当然のことながら、フェラーリのライバルは厳しいペナルティを期待していた。

レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、明らかなレースから失格となる行為と見なしが、マッティア・ビノットはすべてがフェラーリが正しいと主張する。

「多くの測定値があり、それらはすべて一貫性があった」とマッティア・ビノットは語る。

「一致しなかった測定値は1つだけでだったが、認識していないもの、見ていなかったもの、レース終了時に発行されたドキュメントをスクロールして通知されたものだった」

「その時点では、燃料が消費されたため、もう検証できない。その日曜日には、1点を除くすべてのデータに一貫性があったが、何が起こったのかを再現する方法すらなかった。誰もその測定で何が起こったのかは説明できない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ