「ハミルトンが加入してもフェラーリはそれほど変わらない」とピレリ
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリのCEOを務めるマルコ・トロンケッティ・プロベラは、噂されているルイス・ハミルトンのフェラーリ移籍が実現してもフェラーリは“それほど大きく変わらないだろう”と語えう。

ルイス・ハミルトンとメルセデスとの契約は2020年までとなっており、2021年にハミルトンがフェラーリに移籍するとの推測が絶えず報じられている。

この噂についてピレリのCEOを務めるマルコ・トロンケッティ・プロベラは「たとえどこに行こうと、彼はうまくやるだろう。彼は素晴らしいドライバーだからね」と RAI にコメント。

「だが、ベッテルとルクレールの2人も素晴らしいドライバーであることを忘れてはならない。フェラーリは多くのレースで非常に優れたドライバーを有していることを示してきたし、ハミルトンが加入すれば変化があるだろうが、それほど大きく変わることはないだろう」

フェラーリのチームメイトとしてルイス・ハミルトンを歓迎するかと質問されたシャルル・ルクレールは「もちろんだよ」とコメント。

「最終的に僕たちはF1にいるわけだし、最高のドライバーたちと戦いたいと思っている。

「今年、4回のF1ワールドチャンピオンであるセブ(ベッテル)が僕の隣にいたのは素晴らしい機会だったし、彼からたくさんのことを学んだ」

「チャンピオンからは常に学べるものだ。だから、もちろん歓迎だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ルイス・ハミルトン / ピレリ