「フェラーリの方がメルセデスよりプレッシャーが高い」と元F1ディレクター
メルセデスF1チームでテクニカルディレクターを務めていたアルド・コスタは、フェラーリ時代の方がプレッシャーが高い職場環境だったと語る。

アルド・コスタは、キミ・ライコネンが2007年にフェラーリにとって最後のタイトルを獲得した際にテクニカルディレクターを務めていた。

2012年にメルセデスに移籍した際、アルド・コスタは“政治やドラマのない非常に実用的で柔軟な仕事方法”を備えたチームであることがわかったと語る。

「メルセデスでは、スタッフが最大限に自分を表現するには最適な環境だ」とアルド・コスタは Automoto に語った。

その意味ではフェラーリでは同じことは言えないとアルド・コスタは語る。

「フェラーリでは1日のあらゆる瞬間が監察下にあるのは確かだ。メディア、ファン、株主ノプレッシャーがあるし、毎朝コーヒーを飲むときにもバーテンダーのプレッシャーがある」

同じく元フェラーリのエンジニアであるアンドレア・ステラは、フェラーリが再びタイトルを獲得するのは“時間の問題”だと語る。

現在、マクラーレンにいる元フェルナンド・アロンソのレースエンジニアであるアンドレア・ステラは、フェラーリは他のトップチームとhかくして“欠けているものは何もない”と語る。

「同じエキップメント、有能で準備が整った人々がおり、入手可能なマテリアルや知識の問題ではない」とアンドレア・ステラは語る。

「フェラーリには英国にあるすべてが揃っている。英国との違いはF1は単なる仕事だということだ。ウェイターがあなたがF1で仕事をしていることを知っていたとしても、それほど重要ではないかもしれない」

「だが、フェラーリでは単なる仕事ではない。オフィスを離れてバーにいくと、バーテンダーがフェラーリがいつ勝つのか質問していくる。レストランにいくと、次のレースで勝つかどうか質問される。朝に新聞を開けば、フェラーリについての記事が常にある」

「だが、チームの仕事の仕方はまったく違いはない。フェラーリのアプローチとメソッドは英国と同じだ。何も欠けてはいない。特にビノットのような経験とスキルのある人材はね」

「だから、勝利に返り咲くのは時間の問題だ。だが、あマラネロではそれが唯一ないものであり、我々は常に困っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ