F1 フェラーリ
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1イギリスGPの決勝でタイヤ摩耗がフェラーリの“アキレス腱”であることを確認されたとし、同レースではレッドブル・ホンダに負けていたと語る。

予選ではシャルル・ルクレールがメルセデス勢とポールポジションを争うパフォーマンスを披露したが、決勝では改めてフェラーリの欠陥が露わになった。

「予選のフライングラップでのパフォーマンスに関して言えば、シャルル・レクレックは、特に寒いコンディションにおいてSF90の特性に合わないトラックで最終セクターでポールを失っただけだったのは驚くべきことだった」とロス・ブラウンはコメント。

「しかし、レースではフェラーリはサードベストだった。メルセデスから遠く離れたところにおり、そしてレッドブルの後ろにいた」

「特にタイヤの摩耗はチームのアキレス腱のようだ。それは金曜日に見ることができたが、チームは週末に部分的にそれを修正することに成功した。しかし、それは勝利のための戦いに絡むには十分ではなかった」

「マラネッロに戻り、彼らはなぜこうなってしまっているかを理解する必要がある。彼らがチャンピオンシップのために戦うという希望を持ち続けたいのであれば、すぐに反応しなければならない」

また、ロス・ブラウンは、セバスチャン・ベッテルの持続的なパフォーマンス不足を指摘する。

「2人のドライバーの日曜日の午後は非常に異なっていた」とロス・ブラウンは続ける。

「ルクレールは今季5回目の表彰台を獲得し、4回連続で表彰台に上った。彼の才能とクリーンなドライビングスタイルだけでなく、防衛と攻撃の両方でのスリリングな決闘への彼の勇気も強調したレースであり、彼は明らかに喜んでいた」

「その一方で、ベッテルには笑顔にはなれなかった。カナダ以来、セバスチャンはますます奮闘しているようであり、シルバーストーンでそれらの苦悩はさらに深まった」

「予選のギャップから分かるように、ルクレールとは違って、彼はクルマを快適に感じることができていなかった。そして、レースではセーフティカーのチャンスを最大限に生かすことができなかった」

「それから彼はフェルスタッペンに激突するというミスを犯した。彼は自分が間違っていたことにすぐに気づき、レース後すぐにマックスに謝罪していた」

ロス・ブラウンは、セバスチャン・ベッテルが馴染のないプレッシャーに苦悩していると考えている。

「セバスチャンにとっては今までとは異なる種類のプレッシャーを感じているはずであり、難しい時期だ。今年もフェラーリをトップに返り咲かせるチャンスが滑り落ちていることを考えれば、彼は今、どの方向に進むべきかを自問しなければならない」とロス・ブラウンは語る。

「彼の記録が示すようにセバスチャンは素晴らしいドライバーだ。だが、現時点では彼は落ち着いてチームのサポートに頼る必要がある。彼はそれを得ていると確信している」

「ドライバーを愛情と前向きなエネルギーで囲むことに関しては、フェラーリのようなチームは他には存在しないと考えている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ