F1 フェラーリ
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、最近の主要人員のオーバーホールによってチームはまだ“学習段階”にあるとし、状況を好転させることができると信じていると語る。

フェラーリは10年以上にわたってF1ワールドタイトルの獲得に失敗したことを受け、マウリツィオ・アリバベーネを更迭し、長年テクニカルディレクターを務めてきたマッティア・ビノットをチーム代表に任命した。

また、フェラーリは今季のドライバーとして経験豊富なキミ・ライコネンに代えて、まだ1年しかフルシーズンを経験いていないシャルル・ルクレールを起用している。

プレシーズンテストでは“今年こそ”と期待ができるパフォーマンスを見せていたフェラーリだが、シーズンが開幕するとその競争力は姿を消し、メルセデスが5戦連続で1-2フィニッシュを達成する圧倒的な強さを見せている。

マッティア・ビノットは、2019年F1マシンの弱点とチームの運営を改善することができるように時間をくれるよう求めた。

「チームとして成長している時間であり、災害だとは思っていない。よく言っているように我々は学習段階にあるかなり若いチームだ。プロセスと方法論という点でまだ学ばなければならないことがたくさんある」とマッティア・ビノットはコメント。

「チームが改善していることをかなり嬉しく思っている。F1カーのコンセプトデザインの問題であれば、それが何であるか次第であり、我々はシーズン中にそれに対処することができる」

フェラーリは、F1スペインGPで大量の空力アップデートに加え、エンジンアップグレードを4週間前倒しで投入したが、マッティア・ビノットは今シーズン序盤からペースを制限しているのは同じ問題であり、解決にどれくらい時間がかかるかは不明だと語る。

「我々が見舞われている制限はシーズン序盤のレースから既に存在していた。金曜日から週末を通してそこにあった。それらはストレートで明白だった」

「どれくらい時間がかかるかを答えるのは難しい。もっと重要なことはどのようにそれらに対処するかを知ることだ。そうすれば迅速に解決できると確信している」

「我々は決して諦めないし、我々の究極の目標はバルセロナよりもうまくやることだと思っている。各サーキットは異なるし、モナコは異なるサーキットだ。我々のクルマにはいくつかの強みと弱点がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ