F1 フェラーリ
フェラーリのCEOを務めるルイ・カミレリは、5戦連続でメルセデスに敗れたにも関わらず、チームは“パニックには陥っていない”と主張する。

多くのイタリアメディアは、フェラーリがエンジンとシャシーに大幅なアップグレードを投入したF1スペインGPでメルセデスとのギャップがさらに広がったことでチームは“リアルな危機”を迎えていると報じている。

「パニックには陥っていない。私の仕事は噂が広まるのを防ぐことだし、今こそ団結を固めるときだ」とルイス・カミレリは La Gazzetta dello Sport にコメント。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、フェラーリの2019年F1マシンの基本的な“コンセプト”さえ見直していると認めるが、ルイス・カミレリはビノットを“完全にサポート”していると語る。

「彼なら解決策を見つけてくれると確信している。我々には2日間の重要なテストがるし、すぐにリカバリーできると確信している。水晶玉は持っていないので、いつ解決策が見つかるかはわからないが、今回のテストが助けになると確信している。

だが、ルイス・カミレリは、次戦モナコGPはフェラーリにとって再び厳しいレースになる可能性があると認める。

「我々週末を通して問題を抱えていたバルセロナのセクター3に似た狭くて低速なコーナーがたくさんある」とルイス・カミレリは述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ