F1 フェラーリ
フェラーリF1チームは、2019年のF1世界選手権の序盤戦で優先順位をつける必要が出てきた場合にはセバスチャン・ベッテルを優先させると明言した。

昨年、フェラーリは重要な局面でチームオーダーを発令することを躊躇い、戦略面でのミスを批判された。ドイツGPではキミ・ライコネンにセバチャン・ベッテルに道を譲るよう命令することが遅れて結果的にベッテルは終盤に自滅。イタリアGPではオープニングラップで二人のバトルを許した結果、ルイス・ハミルトンにレースの主導権を譲り渡した。

対照的にメルセデスは、バルテリ・ボッタスに明確にチームオーダーを支持。ドイツやロシアなどはその最たるグランプリだった。

序盤はチャンピオンシップをリードしていたフェラーリとセバスチャン・ベッテルだが、結果的にフェラーリの戦略ミスとベッテル自身がミスが連鎖し、両方のチャンピオンシップをメルセデスに奪われる結果となった。

今年は、キミ・ライコネンに代わって若手有望株のシャルル・ルクレールがフェラーリに加入。多くの人々がシャルル・ルクレールがセバスチャン・ベッテルに挑むことになるのではないかと期待を寄せている。

しかし、新たにフェラーリのF1チーム代表に就任したマッティア・ビノットは、序盤戦に判断を迫られるような状況になった場合にはセバスチャン・ベッテルを優先すると語った。

「それが普通のことだと思っている。特にシーズン序盤はね。そのような特定の状況になった場合には我々はセバスチャンを優先する」とマッティア・ビノットはフェラーリの2019年F1マシン『SF90』の新車発表会でコメント。

「我々は彼を指針としてチャンピオンシップを狙っていく。だが、贔屓するようなことはしない。絶対的なプライオリティはフェラーリが勝つことだ」

だが、マッティア・ビノットは、多くの人々の期待する通りにシャッルル・ルクレールが優れたパフォーマンスを発揮することを願っていると語る。

「私は、非常に競争力のある二人のドライバーを起用することは、問題ではなくチャンスだと思っている。セバスチャンの実力はすでに証明済みだ。引き続き、彼が我々の指針となる。シャルルは、彼自身も指摘しているように、これから学んでく必要がある。だが、彼がいかに才能豊かなドライバーかは誰もがかっていることだ」

「トップのポジションをめぐって2人のドライバーたちを管理しなければならないという悩みを抱えたいものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ