F1 フェラーリ スクーデリア・フェラーリ カナダグランプリ
フェラーリが、第7戦カナダGPでF1パワーユニットのパフォーマンスを20馬力をアップさせるアップグレードを計画していると報じられている。

開幕4戦ではメルセデスの凌ぐ速さを見せていたフェラーリだが、各チームがアップグレードを投入した第5戦スペインGPでは突如失速。ドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権の両方でメルセデスとの差が広がってしまった。

21戦で内燃エンジン、MGU-H、ターボチャージャが3基までに制限された今年は、第7戦カナダGPで各エンジンメーカーが最初の大型アップグレードをF1パワーユニットに投入するとされている。

ホンダF1は40馬力、ルノーF1は30馬力のパフォーマンス向上を果たすと報じられてきたが、 Gazzetta dello Sport はフェラーリも同様にF1パワーユニットにアップグレードを投入すると報道。そのパフォーマンス向上は15~20馬力だと報じられている。

ルノーは、新しいユニットの信頼性に完全に満足しておらず、F1カナダGPに投入されるアップグレードからMGU-Kは除かれるとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ