フェラーリ F1 サンタンデール
スペインのサンタンデール銀行は、今シーズン限りでフェラーリおよびF1のスポンサーシップを終了することを発表した。

サンタンデールは、フェルナンド・アロンソが加入した2010年にフェラーリのメインスポンサーに就任。スポンサー料は年間4000万ユーロ(53億円)と推定されている。

当時同社の会長を務めていたエミリオ・ボティンは「フェラーリとのスポンサーシップ契約は、この銀行の150年に及ぶ歴史の中で最高のマーケティング手段だ」と述べていたが、2014年9月に心臓発作により79歳でこの世を去った。

そして、フェルナンド・アロンソはタイトルを獲得することなく2014年末にフェラーリを離脱し、マクラーレン・ホンダに移籍。フェラーリとサンタンデールとの契約は2017年シーズンまでとなっており、今週、今シーズン限りでフェラーリのスポンサーから撤退すると報じられていた。

サンタンデールは29日(水)、2018年からサッカーのチャンピオンズリーグと新たに3年間のパートナーシップを発表。フェルナンド・アロンソが所属するマクラーレンへのスポンサーシップの移行も噂されていたが、フェラーリおよびF1へのスポンサーシップから完全に撤退することを発表した。

サンタンデールは「過去8年間サポートしてきたF1チームのスクーデリア・フェラーリのスポンサーシップを2017年末をもって終了します。また当行は、過去11年間にわたってサンタンデールのブランド認知を高めてくれたF1とのスポンサー契約も終了します」と発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1スポンサー