フェラーリ F60
フェラーリはKERSに批判的なチームとして知られているが、2009年のKERSシステムのために革新的なソリューションに取り組んでいるという。

報じられたところでは、フェラーリのエンジニアはF60のフロントノーズにKERSのバッテリーを搭載するシステムを考案したという。

このソリューションは、マシンの中心に望ましくないバラストが搭載されることで、理想的な前後重量配分を崩壊させるという2009年のKERS搭載場所に関する主要な懸念事項の1つを覆すことになりそうだ。

フェラーリ F60の初期テストでは、フロントウイングの問題が報じられていた。

またフロントノーズのKERSは、高圧ケーブルがコックピットを通る必要がある。

マネッティ・マレリにより開発されたフェラーリの初期のKERSは、技術的な問題に苦しんでいた。

トヨタは、既にメルボルンでの開幕戦ではTF109にKERSを装着しないことを公表している。他のチームは開幕まで残り2ヶ月となった今も未決定となっている。

関連:KERS

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ