フェラーリ 2013 F1マシン
フェラーリは、2013年F1マシンのフロントの“段差”を隠す“化粧パネル”を装着してくるようだ。

2012年F1マシンの大多数が採用した“段差ノーズ”の概観が酷評されたことで、FIAは2013年マシンに“構造的に無関係”なラミネートを施すことを許可している。

ウィリアムズのバルテリ・ボッタスはウィリアムズがFW35にその新しい規約を適用していることを明らかにした。

スペインの Marce は、フェラーリも2013年F1マシンのノーズに化粧パネルを装着して滑らかなノーズに仕上げてくると報道。

「視覚的にノーズに段差はないが、マシン下部に気流を流せるようにノーズは高いままだ」とマルコ・カンセコ記者は伝えた。

マルコ・カンセコは、フェラーリは、2013年F1マシンの発表会では“ライバルに手掛かりを与えるのを避ける”ためにフロントとリアのウイングは“詳細は示さないだろう”と付け加えている。

また同紙は、フェラーリの2013年F1マシンは、小さなサイドポッド、2012年マシンのものを進化させたフロント・プルロッド・サスペンション、レッドブル型のコアンダエキソーズト・レイアイトを採用してくると報じている。

フェラーリは、2月1日(金)にマラネロで新車発表会を開催。発表会の模様はオンラインでライブ中継される。

フェラーリ F138

関連:フェラーリ、F138を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン