フェラーリの2019年08月のF1情報を一覧表示します。

フェラーリ、パーツの標準化に反対 「F1の精神に反する」

2019年8月21日
F1 フェラーリ
フェラーリのF1チーム代表を務めるマティア・ビノットは、F1が2021年にむけて進めている標準化パーツを増やすことは“F1の精神に反する”として反対している。

F1は、2021年に導入する新レギュレーションのタイミングでコストを削減するために懸命に努力している。FIA(国際自動車連盟)は、ドライブシャフト、ステアリングホイール、ペダル、ピット装備を含む他のパーツとともに、標準のホイールとブレーキシステムがリストに追加されることを望んでいる。

シャルル・ルクレール 「ベッテルの方がタイヤの使い方が上手」

2019年8月19日
F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
フェラーリのシャルル・ルクレールは、セバスチャン・ベッテルの方がタイヤの使い方が上手であると認め、タイヤをもっとうまくマネジメントするために自分の攻撃的な走りの一部を抑える必要があると語る。

F1ハンガリーGPでシャルル・ルクレールは、レースの大部分でセバスチャン・ベッテルを抑えていたが、最終的にベッテルに次ぐ4位でレースをフィニッシュした。

セバスチャン・ベッテル、2020年のレッドブル復帰の現実性は?

2019年8月18日
F1 セバスチャン・ベッテル レッドブル
セバスチャン・ベッテルが、2020年にフェラーリからレッドブルに復帰する可能性は現実として考えられることだと Sky F1 のマーク・ヒューズは主張している。

ルイス・ハミルトン、セバスチャン・ベッテル、マックス・フェルスタッペンといった主要ドライバーの契約は2020年末まで続くため、従来の常識では大物ドライバーの移籍は2021年まで起こらないと考えられている。

シャルル・ルクレール 「セバスチャン・ベッテルの強みは“精度”」

2019年8月17日
F1 シャルル・ルクレール セバスチャン・ベッテル
シャルル・ルクレールは、2019年にフェラーリでチームメイトとして一緒にセバスチャン・ベッテルと過ごしたこと学んだ最大の教訓を明らかにした。

シャルル・ルクレールは、ザウバーとのルーキーシーズンを印象的なシーズンを過ごした後、F1で2シーズン目に向けてフェラーリのレースシートにステップアップ。2019年の開幕12戦を通してセバスチャン・ベッテルに匹敵するペースを示した。

セバスチャン・ベッテル、フェラーリF1のチーム代表ビノットを擁護

2019年8月15日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、今シーズンからフェラーリのチーム代表を務めているマッティア・ビノットを擁護した。

今年1月、フェラーリはそれまでチーム代表を務めていたマウリツィオ・アリバベーネに代えて、長年にわらって技術部門を束ねてきたマッティア・ビノットを新チーム代表に就任させるというチーム体制の変更を行った。

ダニエル・リカルド 「フェラーリの現状は2014年のレッドブルに似てる」

2019年8月14日
F1 ダニエル・リカルド フェラーリ
ダニエル・リカルドは、フェラーリの現状は2014年にレッドブルでセバスチャン・ベッテルが経験した状況と“いくつかの類似点”があると考えている。

4度のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルは、今年F1で2シーズン目でフェラーリの期待の星であるシャルル・ルクレールとペアを組んでおり、これまでルクレールはベッテルに匹敵するパフォーマンスを見せている。

フェラーリ 「2020年にF1ドライバーラインナップを変更する理由はない」

2019年8月13日
F1 フェラーリ
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2020年もドライバーラインナップを変更せずに臨むと述べている。

セバスチャン・ベッテルの将来については多くの憶測を呼んでおり、最近では古巣レッドブルに復帰するとの噂もある。レッドブルは不振のピエール・ガスリーに代えてアレクサンダー・アルボンの起用を発表している。

フェラーリ、F1ベルギーGPで導入の新型エンジンで20馬力アップ?

2019年8月12日
F1 フェラーリ
フェラーリは、F1ベルギーGPで20馬力アップを果たした“スペック3”版F1エンジンを投入すると報じられている。

今シーズンの優勝候補と目されていたフェラーリだが、まだ優勝は果たせておらず、夏休み前最後のレースとなったF1ハンガリーGPではレッドブル・ホンダに追い抜かれて3番手チームとなったと評価されている。

フェラーリ、後半戦の今季初勝利を目指してSF90の開発を継続

2019年8月10日
F1 フェラーリ
フェラーリは、2020年F1マシンに完全に集中することはないとし、SF90の開発を継続して後半戦の初勝利を目指すと誓う。

夏休み前最後のレースとなったF1ハンガリーGPで、フェラーリはセバスチャン・ベッテルが3位、シャルル・ルクレールが4位でフィニッシュしたが、優勝争いに絡むことはできず、レースウィナーのルイス・ハミルトンから1分以上も遅れてチェッカーを受けることになった。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム