F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
フェラーリのシャルル・ルクレールは、セバスチャン・ベッテルの方がタイヤの使い方が上手であると認め、タイヤをもっとうまくマネジメントするために自分の攻撃的な走りの一部を抑える必要があると語る。

F1ハンガリーGPでシャルル・ルクレールは、レースの大部分でセバスチャン・ベッテルを抑えていたが、最終的にベッテルに次ぐ4位でレースをフィニッシュした。

表彰台フィニッシュを目指していたシャルル・ルクレールだが、ソフトタイヤの劣化に苦しみ、残り4周でハードタイヤを履いたセバスチャン・ベッテルにオーバーテイクされている。

「レース中盤以降、リアタイヤにかなり苦労していた。タイヤがなくなっていた」とシャルル・ルクレールは説明する。

「ファーストスティントでかなり早くにピットインしたことがタイヤで苦労した主な理由だ。セカンドスティントの最後に再びタイヤで苦労していたし、デグラデーションが出ているとき、ロングランではセブ(ベッテル)の方が僕よりも優れている部分があるのは間違いない」

シャルル・ルクレールは、この問題は自分のドライビングスタイルやセッティング変更について分析力の違いが出ていると考えている。

「自分の側で理解しなければならないことがあると思っている」とシャルル・ルクレールはコメント。

「セブと比較すると僕の方がより苦しんでいるし、タイヤの劣化も進んでいる。それはドライビングから生じていると考えている。たぶん僕はレースで少しアグレッシブに走りすぎているのかもしれない。今後のレースにむけて理解し、分析していく必要がある」

「セブがその部分で僕よりもうまくやっていると確信しているので、それを理解し、改善する必要がある。ハンガリーではファーストスティントとセカンドスティントの終盤にペースが欠けていた」

「予選ではかなり速く走れたレースもいくつかあったけれど、レース終盤になると少し苦労している。その部分をどうにかするために、自分のドライビングスタイルに何ができるのか、妥協点を見つけ出すためにマシンバランスの面で何ができるのかを理解する必要がある。なぜなら、最終的にポイントを獲得できるのはレースだからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ