F1 ホンダF1 名取鉄平
ホンダは、育成ドライバーの名取鉄平が、2019年にFIA F3選手権にCarlin Buzz Racing(カーリン・バズ・レーシング)からフル参戦することを発表した。

FIA F3選手権は、GP2シリーズとヨーロッパF3選手権が統合して2019年からスタートする新シリーズ。F2に次ぐ、F1の登竜門に位置づけられる。

2018年のFIA-F4選手権を2位で終えた名取鉄平(18歳)は海外初挑戦。同じホンダ育成ドライバーでJenzer Motorsport(イェンツァー・モータースポーツ)から参戦する角田裕毅平(18歳)とともに将来のF1ドライバーを目指す。

名取鉄平は「今年度から新たに開催される FIA Formula 3 Championship に Carlin Buzz Racing から参戦することをHonda Racingより正式発表されました。今年の目標はシリーズタイトルを獲得し、F1のシートを獲得することです。全力で戦いますので、今後も応援よろしくお願いします」とTwitterで意気込みを語った。

ホンダはモータースポーツ界で活躍する若手ドライバーの発掘・ステップアップを目的としたプログラム「Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」を2006年から展開。松下信治が2年ぶりにFIA-F2に「CARLIN」から参戦する。

国内では、モータースポーツ界で活躍する有能な若手ドライバーのステップアップに向けて、全日本F3選手権、ジュニア・フォーミュラレースである「FIA-F4選手権」に参戦するドライバーをサポートしていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F3