F3イタリア大会でマシンが宙を舞う大事故…ドライバーは無事
9月7日(土)にモンツァ・サーキットでF1のサポートレースとして開催されたFIA F3のレース1でアレックス・ペロニが宙を舞う大事故が発生した。

アレックス・ペロニ(カンポス)は、18周目にパラボリカの縁石に接触。マシンが宙を舞い、タイヤバリヤを越えて真っ逆さまにフェンスに激突した。先週末のF2での事故もあり、現場には緊張感が走ったが、アレックス・ペロニは無事で歩いてメディカルカーに乗った。

この事故を受け、FIAはF1イタリアGPのフリー走行の前にパラボリカの縁石を撤去することを決定。セッションは10分遅れでスタートした。

F3イタリア大会でマシンが宙を舞う大事故…ドライバーは無事①F3イタリア大会でマシンが宙を舞う大事故…ドライバーは無事③



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F3