F2 ハロー Halo
F1と同時にF2でもコックピット保護デバイス『ハロー(Halo)』が導入される。

FIAは、2018年からF1にハローを義務化。下位カテゴリーでもハローの導入を目指している。

F2は、木曜日にモンツァのピレリのフィティングエリアで次世代マシンを発表する予定であり、その場でまだホモロゲーション手続き中のため暫定版であるもののハローを搭載したマシンを披露する。

「我々は実施しているものの大部分で常にF1を第一の念頭に置いている。それが我々がR&Dのほとんどの時間を費やしていることだ」とFIAのセーフティディレクターであるローレン・メキースはコメント。

「そして、我々は開発したものを他のカテゴリーに転送してきた。通常、それは1~3年後に行われる。それによって我々は新しいものを導入するだけでなく、それに対処するためのコストと供給の可能性をまとめることができる。なので、それはあらゆる点で非常にタイトな判断となる」

「FIA会長(ジャン・トッド)はハローの迅速に開発するために我々全員に非常に力を入れている。彼はF1以上に保護を推し進めるべきものはないと感じたからだ。したがって、我々は出来る限り早くにそれを展開しようとしている。それは良いことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2