F1併催のF2&F3、1大会3レースを含む2021年以降のコスト削減策を発表
FIA(国際自動車連盟)は、F1の登竜門に位置するF2とF3のシリーズ全体のコスト削減のための新たな対策を発表した。

F2とF2の両方の選手権は、参戦するチームのコストを削減するために2021年に少数の会場で開催される。FIA-F2は1大会で3レース、8大会で24レースのカレンダーで構成され、FIA-F3は1大会3レース、7大会で21レースのスケジュールとなる。

すべてのF2とF3のレースは、F1と同じ週末に開催されるが、F2とF3のレースが同じ週末に開催されることはなくなる。

スケジュール関連の他にも、エンジンリースと一部のスペアパーツ、ロジスティックと輸送のコストも削減され、F2とF3のマシンは現在のスペックが2023年まで使用されることになる。

上記のコスト削減策は、FIA 世界モータースポーツ評議会で承認されて実施となる。

F2とF3のCEOを務めるブルーノ・ミシェルは「2005年にGP2シリーズが発売されて以来のコアバリューの1つは、コスト管理だ。今日、これまで以上にそれは私たちの戦略の中心になければならない」と語った。

「ここで発表する措置は、両方のチャンピオンシップの運営方法に影響を与えるだけでなく、カレンダーとレース週末のタイムテーブル、したがって、競技規制にも影響を与えるため、非常に重要だ」

「さらに現在両方のチャンピオンシップに出場しているチームは、追加コストを節約するために、2つのカテゴリー間で一部の人員を相互に交換する可能性がある。今後数年間で両方のチャンピオンシップの安定性を確保するために、これをできるだけ早く実行し、実施する必要があると強く感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2 / FIA / F3