FIA-F2 第9戦 レース2:ルンガーが優勝、佐藤万璃音が8位入賞
FIA-F2 第9戦 イタリア大会のレース1が9月13日(日)にムジェロ・サーキットで行われた。

23周のスプリントレース。優勝はクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)で今季2勝目。2位にはルイ・デレトラズ(チャロウズ・レーシング・システム)、3位にはユーリ・ヴィップス(DAMS)が続いた。

日本勢は佐藤万璃音(トライデント)が8位入賞。松下信治(MPモータースポーツ)は14位、角田裕毅(カーリン)は19位だった。

イタリア大会を終えて、ランキングはシューマッハが161ポイントで首位。2位にカラム・アイロット(153ポイント)、3番手にクリスチャン・ルンガー(145ポイント)、4番手にロバート・シュワルツマン(140ポイント)。今大会をノーポイントで終えた角田裕毅は123ポイントで6位につけている。

FIA-F2 イタリア大会 レース2 結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2