松下信治も参戦! F2バーチャル・レーシングが初開催
FIA-F2でもバーチャルGPの開催が決定。5月3日にバーレーン・インターナショナル・サーキットを舞台とした第1戦が開催される。

新型コロナウイルスのパンデミックによってモータースポーツが休止状態にあるなか、F1を含めて数々のシリーズがゲームを使ってバーチャルレースを開催している。

F2も新たにバーチャルレースをスタート。松下信治を含めた7名のF2ドライバーに加え、7名のF3ドライバー、および元F2レーサーで複数のレースウィナーであるオリバー・ローランド、アントニオ・フォコ、ノーマン・ナトー、新型のアーサー・ルクレースがエントリーしている。

アレックス・ジェイクスの提供によるバーチャルF2/F3イベントは、F1公式ゲーム『F1 2019』のF2マシンが使用され、30分のフィーチャーレースとリバースグリッドの5州のスプリントレースで構成される。開幕戦の舞台にはバーレーン・インターナショナル・サーキットが選ばれ、その後、バルセロナ、モンテカルロ、バクーと3ラウンドが行われる。

2020年のF2ドライバーとして、クリスチャン・ルンガー(ART Grand Prix)、ルイ・デレトラズ(Charouz Racing System)、カラム・アイロット(UNI-Virtuosi)、松下信治とフェリペ・ドルゴビッチ(MP Motorsport)、ジャック・エイトケン(Campos Racing team)、ルカ・ギオット(Hitech Grand Prix ※今回はUNI-Virtuosiから参加)が参戦する。

第1戦は5月3日(日)の16:00 BST(日本時間24時)から行われ、F1のYoutubeおとびTwitchで配信される。

F2/F3 Virtual Racing Entry list – Round 1: Sakhir, Bahrain
CARLIN
Antonio Fuoco
Norman Nato

ART Grand Prix
Christian Lundgaard
Théo Pourchaire

DAMS
Oliver Rowland
Calan Williams

UNI-Virtuosi
Callum Ilott
Luca Ghiotto

PREMA Racing
Frederik Vesti
Arthur Leclerc

Charouz Racing System
Louis Delétraz
Juan Manuel Correa

Campos Racing
Liam Lawson
Jack Aitken

MP Motorsport
Nobuharu Matsushita
Felipe Drugovich

BWT HWA RACELAB*
Jack Doohan

Trident
Olli Caldwell
Lirim Zendeli

*The team enters only 1 car - #18 - as #19 is reserved to Anthoine Hubert's loving

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2