ファン・マヌエル・コレア 「アントワーヌ・ユベールのためにもレースに復帰したい」
ファン・マヌエル・コレアは、自分自身のためでなくだけでなく、8月のスパ・フランコルシャンでの大クラッシュによって命を落としたアントニーヌ・ユベールのためにもレースに復帰することを決意していると語る。

ファン・マヌエル・コレアは、8月31日(土)にスパ・フランコルシャンで開催されたFIA-F2のレース1でアントワーニ・ユベールが命を落とした多重クラッシュに巻き込まれ、現地の病院で足の骨折と軽度の脊椎損傷の手術を受けた。

だが、ロンドンの専門病院に搬送され他、急性呼吸不全を患って人工的に昏睡状態に置かれていた。肺の状態によってこれまでそれ以外の負傷箇所を治療することができておらず、医師からは右足の切断を勧められたが、本人の意思で切断を回避する方法で治療を進めていくことを決断し、9月29(日)に17時間に及ぶ手術を受け、その後も小さな手術を受け、今では退院できるほどに回復している。

ファン・マネエル・コレアは、2019年のF2のアゼルバイジャン大会とフランス大会で表彰台を獲得し、シーズン中盤のアルファロメオのF1チームでテストを行った。

ファン・マヌエル・コレアは、長いリアビリが必要であることは承知しているが、友人のアントワーヌ・ユベールのためにもレースに復帰することを決意していると語る。
「すべてを受け入れるのに数週間かかった。病院で鎮痛剤を使用しているときに理解することは困難だ。受け入れるのには時間がかかったけど、僕の態度は実用的だし、怒ったことによって何も変っていたない。それを最大限に活かさなければならない」

「もちろん悲しみを感じている。アンソニーは良い友達だった。今では自分のためだけでなく彼のためにも復帰しなければならないと感じている」

「肉体的だけでなく精神的にも僕の人生を変えた事故でした。生死の境をさまよう経験をして生きているとき、モーターレーシング以外のことにも目がいくようになる。病院では、再びレースをしたいかどうかわからない瞬間があった」

「レースは最も重要なことではなく、僕の情熱であることに気付いた。あのような事故は優先事項を示してくれる。僕の優先事項は自分の健康と家族です。友人から、これが僕のF1への夢を消すか、夢のリスクを冒したいと思うかどうか尋ねられたけど、事故によって夢が消えることはない。それが僕の夢だからだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2