F2 フォーミュラ2
F2は、2021年からのF1への導入に先駆けて、2020年シーズンからピレリの18インチタイヤに切り替えることを発表した。

F1のタイヤレギュレーションに先立ってF2で実戦投入することでピレリはタイヤ開発のデータを収集することができる。また、F1への昇格を目指すドライバーにとってF2は理想的なトレーニングの場となる。

「これはF2にとっても、ドライバーにとっても大きなチャンスだ」とF2の最高責任者を務めるブルーノ・ミセルはコメント。

「我々はF1のトレーニンググラウンドであり、F1で使用されるものと同じ種類のタイヤでレースをすることは重要なことだ」

「2020年という早い段階で18インチタイヤでレースができることをとても嬉しく思う。2021年に我々の選手権からF1へと卒業するドライバーはさらに素早い対応が可能になる」

「我々がF1のテストベッドとなるは今回が初めてではない。過去にも我々のレベルでいくつかの新しい要素が実装され、その後F1に適用されている」

「次のステップは、来シーズンに向けてすべての準備が整っていることを確認するための集中的な開発プログラム、特に新しいタイヤに合わせた2018年マシンのアップグレードキットとなる」

ピレリは、、2019年シーズンを通して現行スペックのF2マシンを使用した集中的なテストプログラムを通してタイヤを開発するために協力していく。

最初のシェイクダウンは今週水曜日にムジェロでで実施された。

ピレリのF1およびカーレース責任者であるマリオ・イゾラは「この動きは、2021年に新世代のF1タイヤを開発する際に非常に役立つ。また、将来のF1のタイヤサイズの経験を早めに積んでおくことは来年のF2ドライバーにとても有益なものになるだろう」とマリオ・イゾラはコメント。

ピレリは、今年の秋にF1マシンでの18インチタイヤのテストを予定しており、現時点では3チームが参加する予定となっている。

彼らがフォーミュラ1での地位を達成することを目指しているので、

「FIAフォーミュラ2選手権は、F1を目指す若いドライバーのキャリアにおける最終ステップとなる」とFIAシングルシーター委員会の会長であるステファノ・ドメニカリはコメント。

「F1への導入に先立って来シーズン新しいタイヤプロファイルを導入し、テストし、開発するこれらの計画は、F22はトップドライビングの才能だけでなく、最新の技術を証明する場所であることを示している」

「元F2ドライバーたちは、ここまでの2019年のF1シーズンで非常に印象的だった。F2をF1の技術面と競技面の哲学と一致させることができるほど、より準備ができた若いドライバーを輩出し、そしてモータースポーツのトップチャレンジに取り組むことができるようになるだろう。

F1のスポーティングディレクターを務めるスティーブ・ニールセンもF2の動きを歓迎している。

「素晴らしいステップだ。F2はドライバーフィーダーシリーズであることですでに有名だが、今は技術も共有している」

「F1にとってもぴったりだ。この導入によって我々も将来的に恩恵を受けるだろう。F2は良いテストベッドであり、我々にとって良いニュースだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F2