F2の2022年01月のF1情報を一覧表示します。

レッドブルF1首脳 「岩佐歩夢はF1への道を切り開くことができる」

2022年1月15日
レッドブルF1首脳 「岩佐歩夢はF1への道を切り開くことができる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、今年FIA-F2に参戦することが決定した岩佐歩夢が「F1への道を切り開く」ことを期待していると語る。

レッドブル・ジュニアチームとホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクトのドライバーである岩佐歩夢は、2022年にDAMSからF1のフィーダーシリーズであるFIA-F2に参戦する。

レッドブルF1、2022年に5名のジュニアドライバーをFIA-F2に投入

2022年1月14日
レッドブルF1、2022年に5名のジュニアドライバーをFIA-F2に投入
レッドブルF1は、2022年にF1のフィーダーシリーズであるFIA-F2に5名のジュニアドライバーを送り込む。潜在的な2023年のアルファタウリのF1ドライバー候補である5人は、4つの異なるチームに分散される。

レッドブルのジュニアドライバーが唯一ペアを組むのは、昨年、チャンピオンを獲得したアルピーヌF1育成のオスカー・ピアストリとフェラーリF1育成のロバート・シュワルツマンが1-2フィニッシュを達成したプレマとなる。

ホンダ/レッドブルF1育成の岩佐歩夢、2022年はDAMSからF2に参戦

2022年1月14日
ホンダ/レッドブルF1育成の岩佐歩夢、2022年はDAMSからF2に参戦
レッドブルF1とホンダの育成ドライバーである岩佐歩夢が、2022年にDAMSからFIA-F2選手権に参戦することが発表された。

ホンダは1月14日(金)に東京オートサロンで『2022 モータースポーツ参戦体制発表』を実施。育成ドライバーである岩佐歩夢がFIA-F2にステップアップすることが発表された。

F1 Esportsドライバーのジェム・ボリュクバシ、2022年にFIA-F2参戦が決定

2022年1月13日
F1 Esportsドライバーのジェム・ボリュクバシ、2022年にFIA-F2参戦が決定
F1 Esportsドライバーであるジェム・ボリュクバシが、2022年にチャロウズ・レーシング・システムからFIA-F2選手権に参戦することが決定。バーチャルレースからシリーズに卒業した最初のドライバーになる。

トルコ出身のジェム・ボリュクバシは、何年にもわたってバーチャルレースで成功を収めており、昨年はF3アジア選手権に出場し、シリーズ9位でシーズンを終えた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム