F1技術解説:アルファタウリAT03だけに残るF1マシン先端の突起
2022年F1マシンのなかでスクーデリア・アルファタウリのAT03にだけマシンの先端に突起が残っている。他チームにはないその形状をすぐに取り除かない理由はどこにあるのか?

2022年の新世代F1マシンは、エンジニアにとって新しい時代が始まりとなった。前年に導入されたコスト制限は、根本的に変更された空力コンセプトと組み合わされた。これは、10チームの開発計画に大きな影響を与えた。お金がない今、誰もが限られたリソースをどこでどのように使用するかについて非常に慎重に考える必要がある。

そして、車のノーズには完全に焦点が置かれていないようだ。かつてはF1マシンのフロントエンドでの比較的多くの違いが見られており、新世代F1マシンの学習曲線が急勾配であることを考えれば、新しい形状のフロントエンドがすぐに試されると予想されていた。

しかし、最初の13レースで2022年F1マシンはすべて同じノーズで走っていた。

マクラーレンのテクニカル ディレクターであるジェームス・キーは、この分野でほとんど何も起きていない理由を次のように説明している。

「要因の1つはコストだ。新しいノーズは常にクラッシュテストを実施する必要がある。アップグレードには正当な理由が必要だ。アンダーボディのような他の部分で予算を組んだ方が、より多くを得ることができる」

さらに、エアロダイナミクス担当者は、現在のレギュレーションではフロント セクションがそれほど重要ではないことを発見した

「このエリアは以前より寛容になった」とジェームス・キーは明かす。

「フロントウイングが昨年と同じくらい重要だったら、おそらくノーズにもっと変更があっただろう。しかし、両方のコンポーネントの寸法は非常に厳しく規制されている。変更は来シーズンにのみ見られると思う」

フィールドの残りの部分から際立っている1つのノーズは、アルファタウリ AT03 のノーズだ。フロントエンドに丸い突起があります。競合他社のバージョンは、上部がエレガントに収束するか、幅全体にわたって上向きに湾曲している。車に特別な機能がある場合、それは良いか悪いかのどちらかだ。

「さまざまな車を見てほしい。もちろん、それは他のソリューションがもたらす可能性への関心を呼び起こす。そのため、たコンピューターでさまざまなバージョンを用意してシミュレーションを試みている」とスクーデリア・アルファタウリのマシンパフォーマンス責任者を務めるギヨーム・ドゥゾトゥは語る。

しかし、そのコンバージョンには十分に検討する必要があるとギヨーム・ドゥゾトゥと語る。

「車のフロントエンドは、リアまでの完全なフローパターンを定義する。そこに変更を加えるのはそれほど簡単なことではない。全体が危険になる可能性もある」とギヨーム・ドゥゾトゥは語る。

「したがって、このエリアをアップグレードする場合、車の他の部分とうまく調和していることを確認する必要がある」

F1フランスGPでは、オブザーバーがアルファタウリAT03のフロント セクションの構造を詳しく見る機会があった。AT03 のノーズは分解されてガレージに置かれていた。

そして、先端の突起はノーズそのものではなく、フロントウイングのものであることがわかった。この配置は、突起を取り外したい場合もクラッシュ テストは必要はないため、変更を容易にする。

ギヨーム・ドゥゾトゥは、フロントウイングのアップグレードがすでに計画されていることを明らかにした。

「我々はすでに新しいフロントウイングに取り組んでおり、おそらく今シーズン後半に導入されるだろう」

だが、突起が完全になくなるかどうかはまだ明らかではない。ギヨーム・ドゥゾトゥはあまり期待しないでほしいと語る。

「中央部の形状は若干変更されるが、大幅な変更ではない」

スクーデリア・アルファタウリ F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / アルファタウリ