フェラーリとルノー、2022年F1マシンの最初のクラッシュテストに合格
フェラーリとルノーが、2022年の完全に新しいF1マシンのフロントクラッシュテストにすでに合格したと報じられている。

もちろん、2021年マシンの作業は行われており、フェラーリは今シーズンのSF1000の開発を続けているが、F1レギュレーションが大幅に変更される2022年F1マシンの検討を始めている。

報道によると、フェラーリは「すでにFIAの正面衝突試験に合格しており、マシンのノーズは統治体のホモロゲーションを取得している」という。

同じことがルノーにも当てはまる。ルノーは、2フェルナンド・アロンソがF1に復帰する2021年にアルピーヌにブランド名を変更する。

F1チームはまだ2022年の空力に取り組むことはできないが、マシンの構造部品を進歩させることはできる。

フェラーリは、現実的にワールドチャンピオンや通常の状況でレースで勝利に再び挑戦できるようになるのは2022年になると述べている。

しかし、少なくともフェラーリは2021年に新しいF1エンジンの導入を予定している。今シーズンの序列の落ち込みの大きな問題の1つはパワー不足だった。現在、フェラーリはコンストラクターズ選手権で6位に沈んでいる。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1アイフェルGPで導入したアップグレードの進歩はわずかなものだったが、それでもシャルル・ルクレールが予選を4位で通過したことは“ポジティブ”な変化をもたらしたと語る。

「我々は大きな違いは期待していなかったと思う」とマッティア・ビノットは語った。

「小規模なアップグレードであり、ロシアで導入し始めたパッケージを完成させているところだった」

「ポジティブな点は、風洞やファクトリーで見たものとうまく相関していたことだ。そして、それは我々のマシンを正しい方向に動かしていることを意味している」

「シーズンの残りではさらにいくつかのアップグレードが行われる予定だ。それも重要になってくる」

「そして、我々にとって重要なのは、マシンを開発するチームであり、さらに重要なのは、我々がマシンで進めている方向が正しいことを確認することだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / フェラーリ / ルノー