F1:2021年から“予選モード”エンジンセッティングの禁止を計画
FIA(国際自動車連盟)は、2021年のF1世界選手権でメルセデスや他のエンジンメーカーが開発するハイパフォーマンスな“予選モード”を禁止することを計画していると RaceFans が報じている。

F1のエンジンメーカーは、必要に応じて短期的に強力なパワーブーストを実現するために最適化された“予選モード”の開発に多大な努力を費やしてきた。しかし、FIAは2021年シーズンに導入する新しいレギュレーションで予選モードの禁止を計画している。

“予選モード”の追加の燃料消費とエンジンにかかる負担は、レースディスタンス全体で継続的に使用することには適さない。ただし、このセッティングによって、チームは予選セッション中にパフォーマンスを最大化することができ、予選でより高いグリッドを獲得することが可能になる。

長年、メルセデスはこの分野のリーダーとして見なされてきた。レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、シルバーストンでの2連戦でW11がレーストリムよりも0.4秒速いと見積もっていたが、実際には予選で1秒の差があった。

RaceFans によると、そのようなモードを非合法化する意図が、FIAの事務局長であるピーター・バイヤーからF1チームに送信された書簡で概説されたと伝えている。

いくつかの情報源によって確認された書簡の中で、FIAは予選でチームが使用するパフォーマンス設定はレースで使用されるものと同じでなければならないことを規定することにより、2021年のF1世界選手権でそれらのモードの使用を明確にする意図があることを説明した。この要件では、予選と決勝の間のセットアップの変更を制限する既存のパルクフェルメ規制を使用して適用される。

マックス・フェルスタッペンは、予選におけるメルセデスに対するレッドブル・ホンダの現在のパフォーマンスの赤字の一部は、エンジンモードの違いによるものであると考えている。

「予選モードによるものだと思っている。彼らは間違いなくそれをもう少し使えているようだ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「僕たちにとっては、レースでのエンジンモードは、もう少し接近していると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA