F1:新レギュレーションの2022年への延期をフェラーリ以外が支持
F1は、新型コロナウイルスの世界的な大流行によって引き起こされた混乱を受け、コストを削減するために2021年に予定されていた新レギュレーションの導入を1年延期する可能性がある。

F1チームは、現在の2020年のF1レギュレーションを来年も凍結し、新レギュレーションの導入を2020年まで延期して、困難なシーズンになると予想される厳しい状況に対処するために推進している。

大幅なF1レギュレーションの改革が近づいているため、F1チームはすでに2020年と2021年の開発のバランスを取る必要があり、どの時点で焦点を新しいマシンの設計に切り替えるのかを決断するという厳しい作業に直面していた。

しかし、新型コロナウイルスの発生により、2020年のF1世界選手権の開始は最短でも5月まで延期されることが決定しており、F1はサマーブレイクの前倒しを決定。F1上層部は少なくとも17~18戦を開催することを目指しており、その合併症としてシーズン後半はひどく混雑する可能性がある。

スケジュールを短縮した場合、F1チームの収入は大幅に減少することになる。それを受け、F1チームは今週ビデオ会議を実施し、1年間ルール変更を延期しないことを検討した。

Auto motor und Sport によると、10チームのうち9チームがこのアイデアを支持。フェラーリだけが状況と考えられる結果を検討するためにより多くの時間を求めているという。

木曜日には、F1ボスのチェイス・キャリーとロス・ブラウン、そしてFIAのジャン・トッド会長が参加する2回目のビデオ会議が予定されている。

新レギュレーションの導入が延期された場合、ギアボックスやその他の主要な機械部品のシャシーと開発は凍結され、空力開発のみが継続される。

また、新レギュレーションの導入を延期しつつも、計画された予算上限措置は2021年に引き続き適用されることは理解されている。

新F1レギュレーションの延期は、F1チームの開発へのプレッシャーを緩和するだけでなく、まだ署名されていない新しいコンコルド契約を含むさらなる変更に合意するための時間も可能にする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / フェラーリ