F1
2021年のF1世界選手権にむけて進められている標準パーツ化の動きに論争が生じている。

FIA(国際自動車連盟)は、ギアボックス、ホイール、ブレーキに加えて、燃料システムの供給元に関する入札を開始した。

しかし、フェラーリから直接パーツを購入しているハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、標準化のコンセプトは正式に合意されたものではないと語る。

「F1は我々自身よりも先に進んでしまっていると思う」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「私にとって最悪なことは、我々がF1がそのDNAを維持することを確認する必要があることだ」

標準パーツ化でもうひとつ議論となっているのは、潤沢な資金をもったチームがそれほど重要ではないパーツを製造する必要がなくなった場合に、パフォーマンスの大きな差別化要因となるエリアに費やせる時間と資金が増えることだ。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは「標準化は資金を節約できる場合にのみ意味がある。最初にそこが証明されなければならない」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン