F1
FIA(国際自動車連盟)は、2020年のF1世界選手権からレーススタートにおけるドライバーの難しさを高めるためにクラッチ管理のルールを変更する。

2020年からは各ドライバーにプルタイプのパドル作動式クラッチを必須にするとともに、有利なマッピングを制限するために標準ECUで使用されるクラッチ信号もFIAによって厳しく監視されることになる。

ステアリングの2つのクラッチパドルは、各パドルの形状、動作、マッピングが同一になっている必要がある。ドライバーは両方のパドルが同じように機能することを証明することを求められるかもしれない。

さらにパドルはクラッチと直線的に連動する必要がある。つまり、ドライバーの動作はクラッチのエンゲージメントを完全に表している必要がある。

F1技術規約の9.2.1 (F)
「FIA ECUによって使用される信号がドライバーの行動を表すことを保証するために、各競技者は使用可能な範囲全体に対するパーセンテージとしてECUによって計算されるパドルの割合がその操作可能な機器の物理的な位置から+/- 5%以上として測定されている」


これにより、レーススタート時にドライバーに大きな責任が課せられることになる、スタートでよりい大きな変動が生じる可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン