F1 バルセロナテスト
2019年のF1世界選手権に向けた最初のF1プレシーズンテストとなる1回目のバルセロナテストが終了した。

2月18日(月)から2月21日(木)の4日間にわたってスペイン・バルセロナのカタロニア・サーキットで行われた1回目のバルセロナテストは、降雪などを記録し悪天候が続いた昨年のバルセロナテストとは対照的に全日程で好天に恵まれた。

1回目のプレシーズンテストはパフォーマンスよりも信頼性を築き上げることが鍵となってくる。今年もF1カレンダーは21戦で開催され、ドライバーが年間に使用できるF1エンジン、ターボチャージャー、MGU-Hは3基までとなり、MGU-K、コントロールエレクトロニクス、エネルギーストアは年間2基となる。

最も多くの周回数を走行したのはメルセデス W10。ルイス・ハミルトンが全ドライバーで最多の307周を走破。バルテリ・ボッタスも303周を走り、合計で610周を走り込んだ。

2番手にはフェラーリ、3番手にはアルファロメオ、そして、ホンダ勢はトロロソが4番手、レッドブル・レーシングが5番手に続いている。

エンジン別ではホンダが2015年のF1復帰以降、最も多くの周回数を走行。レッドブル・レーシングとトロロッソへの2チーム供給となったことでルノーよりも多くの周回数を走行。メルセデスのカスタマーのレーシングポイントがトラブルに見舞われ、ウィリアムズが1.5日しか走行しなかったこともあるが、3チーム供給のメルセデスさえも上回った。

4日間の走行トップタイムを記録したのはルノーのニコ・ヒュルケンベルグ。ピレリの最も軟らかいC5タイヤで1分17秒393をマーク。昨年のポールタイム(1分16秒173)に1.220秒差まで迫った。

しかし、ピレリは各タイヤコンパウンド間に0.6秒のパフォーマンス差があることを発表しており、均等にコンパウンド間に0.6秒の優劣をつけると以下のようなタイム順となる。

1.シャルル・ルクレール(フェラーリ) - 1分16秒846 (C3 -1.2秒)
2.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) - 1分16秒961 (C3 -1.2秒)
3.ロマン・グロージャン(ハース) - 1分17秒363 (C3 -1.2秒)
4.ルイス・ハミルトン(メルセデス) - 1分17秒377 (C4 -0.6秒)
5.ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー) - 1分17秒393 (C5)
6.ケビン・マグヌッセン(ハース) - 1分17秒520 (C3 -1.2秒)
7.ピエール・ガスリー (レッドブル) - 1分17秒580 (C3 -1.2秒)
8.マックス・フェルスタッペン(レッドブル) - 1分17秒587 (C3 -1.2秒)
9.アレクサンダー・アルボン(トッロッソ) - 1分17秒637 (C5)
10.ダニール・クビアト(トッロッソ) - 1分17秒704 (C5)

あくまで仮定の数字に過ぎないが、フェラーリが頭一つ抜き出ている。またタイムシートでは15番手だったレッドブルのピエール・ガスリーとメルセデスのルイス・ハミルトンとの差は0.203秒と十分に戦えるレベルであることもわかる。

また、ハース、ルノー、トロロッソがコンマ5秒以内に位置しており、昨年同様に“ベスト・オブ・ザ・レスト”を戦いは非常に激しいものになると予想されている。

ただし、各エンジンメーカーともにエンジンのパワーをフルには発揮しておらず、まだまだそのポテンシャルは測れない。

第2回目のプレシーズンテストは2月26日(火)から3月1日(金)までの4日間、今回と同じスペイン・バルセロナのカタルニア・サーキットで行われる。各チームとも1回目のデータを踏まえ、エンジンもよりパワフルなモードを走らせることになり、開幕戦にむけて本格的にパフォーマンスを煮詰めるテストとなるため、より勢力図がはっきりしていくるだろう。

2019年 F1バルセロナテスト1回目 総合タイム

順位ドライバーチームDayベストタイムタイヤ
1ニコ・ヒュルケンベルグルノー41分17秒393C5
2アレクサンダー・アルボントロロッソ41分17秒637C5
3ダニール・クビアトトロロッソ31分17秒704C5
4キミ・ライコネンアルファロメオ31分17秒762C5
5ダニエル・リカルドルノー41分17秒785C5
6バルテリ・ボッタスメルセデス41分17秒857C5
7ルイス・ハミルトンメルセデス41分17秒977C4
8シャルル・ルクレールフェラーリ41分18秒046C3
9セバスチャン・ベッテルフェラーリ11分18秒161C3
10ランド・ノリスマクラーレン41分18秒431C4
11アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ41分18秒511C3
12カルロス・サインツマクラーレン11分18秒558C4
13ロマン・グロージャンハース41分18秒563C3
14ケビン・マグヌッセンハース41分18秒720C3
15ピエール・ガスリーレッドブル41分18秒780C3
16マックス・フェルスタッペンレッドブル31分18秒787C3
17ピエトロ・フィッティパルディレッドブル31分19秒249C4
18ランス・ストロールレーシングポイント41分19秒664C2
19セルジオ・ペレスレーシングポイント11分19秒944C3
20ジョジ・ラッセルウィリアムズ41分20秒997C3
21ロバート・クビサウィリアムズ41分21秒542C2

ドライバー別 周回数&走行距離

順位ドライバーチーム周回数距離
1ルイス・ハミルトンメルセデス3071429.085km
2セバスチャン・ベッテルフェラーリ3031410.465km
3バルテリ・ボッタスメルセデス3031410.465km
4シャルル・ルクレールフェラーリ2951373.225km
5アレクサンダー・アルボントロロッソ2681247.540km
6アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ2551187.025km
7キミ・ライコネンアルファロメオ2521173.060km
8ニコ・ヒュルケンベルグルノー2471149.785km
9ピエール・ガスリーレッドブル2381107.890km
10マックス・フェルスタッペンレッドブル2371103.235km
11ランド・ノリスマクラーレン2361098.580km
12ダニール・クビアトトロロッソ214996.170km
13カルロス・サインツマクラーレン209972.895km
14ロマン・グロージャンハース198921.690km
15ダニエル・リカルドルノー186865.830km
16ランス・ストロールレーシングポイント151702.905km
17ケビン・マグヌッセンハース125581.875km
18セルジオ・ペレスレーシングポイント97451.535km
19ピエトロ・フィッティパルディハース61283.955km
20ロバート・クビサウィリアムズ48223.440km
21ジョージ・ラッセルウィリアムズ40186.200km

マシン別 周回数&走行距離

順位チームマシン周回数走行距離
1メルセデスW106102839.550km
2フェラーリSF905982783.690km
3アルファロメオC385072360.085km
4トロロッソSTR144822243.710km
5レッドブルRB154752211.125km
6マクラーレンMCL344452071.475km
7ルノーR.S.194332015.615km
8ハースVF-193841787.520km
9レーシングポイントRP192481154.440km
10ウィリアムズFW4288409.640km

エンジン別 周回数&走行距離

順位メーカーエンジン周回数走行距離
1フェラーリ06414896931.295km
2ホンダRA619H9574454.835km
3メルセデスM10 EQ Power+9464403.630km
4ルノーE-Tech 198784087.090km


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン