F1 レギュレーション
F1のスポーティングマネージャーを務めるロス・ブラウンは、2021年以降、F1エンジンメーカーは、必要に応じて、新規参入メーカーに特定の技術を要求する必要があることを明らかにした。

F1の将来のレギュレーションプラットフォームは、ゆっくりではあるが、着実に形を整えており、F1の上層部とチームとの話し合いは並行して進展している。

2021年のF1レギュレーションでは、パワーユニットと空力のルール変更が最前線にある。そして、パワーユニット規約の変更については当初の計画通りには進んでいない。

当初、F1は独立系のエンジンメーカーがF1に参入することを奨励するために、シンプル、安価であり、複雑で高い技術とコストのかかるMGU-Hの廃止したパワーユニットフォーマットを導入することを提案していた。

しかし、既存のF1エンジンメーカーは、2021年まで現行のパワーユニットの開発を続けながら、新しいテクノロジーに莫大な投資をすることに反対。F1はその要求を飲み、燃料規制や最大回転数など現行エンジンにわずかな変更を加えるだけに留めることになった。それはアストンマーティンやコスワース、ポルシェといったF1参入を思いとどまらせることになった。

だが、長く複雑な議論の背景で、ロス・ブラウンは新規参入に興味をもつメーカーのために、既存のエンジンメーカーと興味い妥協案を達成した。

「つり上げ橋は引き上げられ、既存サプライヤーは他の誰かが入ってくることを望まなかった」とロス・ブラウンは Formula1.com にコメント。

「我々は妥協を見い出した。新規エントラントが既存のエントラントたちからサポートを受けられるレギュレーションが定められた。要求された場合に、コンポーネントやテクノロジーの情報を共有しなければならないというものだ」

「我々が提案してきたような急進的な変更ではないが、それでも正しい方向への良い一歩であり、ドライバーのエンジン管理に関してもいくつか良い変更が予定されている。競技の方向性は長い道のりを進んでいると思う」

「既存のマニュファクチャラーからは彼ら後ろで扉を閉ざしてはならないという認識があった。他のマニュファクチャラーもしくはサプライヤーから真剣な関心があった場合、そのマニュファクチャラーがF1に参入するのを手助けする方法を見つけるために彼らは協力しなければならない」

2021年の空力レギュレーション変更についてもF1はまだ全体像を示していない。新しいルールブックはオーバーテイクを促進し、新規のファンを獲得するためにマシンの外見をより良いものにすることを目指している。

だが、ロス・ブラウンは、大規模チームが2021年のためにリソースを投入してスタートダッシュを試みることを防ぐため、レギュレーションの全容を明らかにするのは2021年シーズンの1年前まで控えるつもりだと語る。

「FIAと我々は、各チームがマシンの構想っで取り掛かるタスクを考慮してフレームワークを作成した。それはチームが設計を始めるには不十分であるようにあえて遅らせている」とロス・ブラウンはコメント。

「リソースの豊富なチームがそうでない者を出し抜くような状況は望ましくない。しかし、そのバランスをとるのは難しい。情報を出すのが遅ければ遅いほど、リソースを持ったチームが有利になるというものもっともな議論と言えるがね」

「チームにはマシンのデザインに取り掛かるためにおよそ1年の期間が与えられる。それくらいのタイムスケールが妥当というのが私の考えだ。2020年の設計が終わったところで、2021年に焦点を合わせるぐらいがちょうどいいだろう」

また、ロウ・ブラウンは、長期的に議論されているF1の予算制限についての最新情報も提供。まだ2021年にコスト削減とより公平な収益分配の導入を予定していると語る。

「我々はチームとかなり建設的な話し合いをしている。以前のイニシアチブとは異なり、この予算制限はスポーツのレギュレーションに組み込まれる予定だ」とロス・ブラウンはコメント。

「チーム間の公平な収益分配は特にビッグチームによるコスト削減によって相殺されるため、収益は改善されるだろう」

「予算キャップの提案に従ってF1で良い状態にならないチームを見ないことはないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン