F1マシン ドライバー名 カーナンバー
FIAは、F1スペインGPから義務化されるF1マシン上のカーナンバーとドライバー名の視認性を向上されるレギュレーション変更の詳細を発表した。

すでにF1レギュレーションでは、F1マシン上のドライバー名とカーナンバーの掲載について規定はされているが、これまでは厳格には実施されていなかった。

現在、F1スポーティングレギュレーション第9.2条では「ゼッケンは前方向から、およびドライバーのヘルメット上に明確に見えるものでなければならない」「ドライバーの名前は、外部車体上にはっきりと読み取れるように記入されなければならない」と記されている。

しかし、今週のF1ストラテジーグループの会議で、観客とテレビ視聴者のためにショーを改善する施策の一部として表示方法が義務化されることになった。

FIAレースディレクターのチャーリー・ホワイティングは、さらなる詳細をF1チームに通達。

カーナンバーは縦が最低230mm、太さは最低40mmで、ドライバー名の縦が最低150mm、太さは最低30mmとサイズが既定され、背景色とのコントラストがはっきりとした色を使用しなければならない。

ドライバー名は公式タイミングスクリーンで表示されている3文字の略称を使用することが許される。

F1スペインGPでは、この新レギュレーションに従っていないと判断されたマシンはスチュワードに報告される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン