アルピーヌF1のエステバン・オコン 「アロンソが残留するなら幸せ」
エステバン・オコンは、アルピーヌF1チームがF1のレジェンドであるフェルナンド・アロンソとの契約を延長するならば幸せだと語る。

現在、アルピーヌF1チームは、2023年に40歳のフェルナンド・アロンソを残留させるか、もしくはF2チャンピオンで将来有望なルーキーのオスカー・ピアストリにデビューのチャンスを与えるかで頭を悩ませていると伝えられている。

F1カナダグランプリでは、レース中の意見の不一致に腹を立てたフェルナンド・アロンソが、繰り返しステアリングを叩いている映像が確認され、アロンソとアルピーヌF1チーム首脳との意見の相違の兆候が取り沙汰された。

しかし、フェルナンド・アロンソの現在のチームメイトであるエステバン・オコンに限って言えば、2回のF1ワールドチャンピオンがもう1つのガレージにいることは幸せなように聞こえる。

「フェルナンドのチームメイトであることは素晴らしいことだ」とエステバン・オコンはDAZNに語った。

「彼がチームに加わったとき、多くの人が非常に難しいだろうと僕に言っていた。でも、そういったすべてのことは実際には完全に真実ではない」

「僕たちは良いペアリングだと思うし、僕は彼と一緒に働くことを本当に楽しんでいる」

「もちろん、フェルナンドはもう何も証明する必要はない。彼がF1を続けたいければ、彼は留まるだろう。彼はまだやる気があり、常にライオンだ」

2022年の残りシーズンの個人的な目標に関して、エステバン・オコンは彼が表彰台を狙っていることを認め、「勝利があれば素晴らしいシーズンになるだろう」と語った。

「もう一度勝ちたい」とエステバン・オコンは繰り返した。

「でも、現実的に言えば、僕たちはその立場にいない。僕たちが表彰台を獲得した場合、それは、僕たちにとって勝利のようなだろう」

「過去に彼らはフェルナンドと勝っているし、そのレベルにいる。僕たちはそれを成し遂げるができる。僕はこのプロジェクトを信じているし、それが複数年契約を結んだ理由だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ