F1初優勝のエステバン・オコン 「優勝争いよりも中団バトルの方がはるかに厳しい」
F1ハンガリーGPで初優勝を飾ったアルピーヌF1のエステバン・オコンは、ミッドフィールドの激しいバトルを経験したことでレースで先頭を走ることを簡単に感じたと語る。

エステバン・オコンは、F1ハンガリーGPで70周のうち65周で先頭を走行。それ以外ではルイス・ハミルトンが3周、フェルナンド・アロンソが2周、先頭を走った。

エステバン・オコンにとって、シングルシーターでの勝利は2015年のGP3の開幕戦おらいとなる。レースをリードすることに“錆びついていた”と感じたかと質問されたオコンは「ノー。錆びついていたとは感じていない」とコメント。

「がっかりさせて申し訳ないけど、上位を戦う方がはるかに楽だ。僕たちがいつもやっているようなミッドフィールドの戦いよりも、後ろのライバルを管理する方が簡単だ。ミッドフィールドの方がはるかに厳しい。ずっと良いトレーニングを受けていたね」

レースでは、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが、ピットストップの1周を除いて全ラップで後ろにいたが、クリーンエアでの走行は前に留まることの助けになったと語る。

「ミッドフィールドでの戦いは、フロントで起こっていることよりもはるかに厳しい」とエステバン・オコンは繰り返した。

「セブが大きなプレッシャーをかけてきたので大変だった。彼は僕を苦労されたけど、前にいるとき、クリーンエアが得られる。自分がトラックのペースを決定できる」

エステバン・オコンは、1周目の衝突で5人のドライバーがクラッシュした赤旗後のリスタートで2番手に浮上したが、リスタートのフォーメーションラップでドライタイヤに交換するためにピットインしたときは間違ったと思ったと語った。

最終的に、エステバン・オコンは正しく、ルイス・ハミルトンは次のラップでピットインし、フィールドの最後尾まで順位を下げた。

「通常、ルイスは間違った決定を下すことはない。彼が間違った決定を下すのを見たことがなかったし、2番手にいるときにピットインするのは、最初は少し来るんだった。でも、僕たちがそれをしたのはうれしく思っている。僕たちはずっと前を走ったし、みんなも素晴らしいピットストップをしてくれた」

そして、エステバン・オコンは、セバスチャン・ベッテルが36周目にスローピットストップをしていなかったら、アンダーカットされていただろうと認める。

「セバスチャンはスローストップだったと聞いたけど、おそらくそれが違いを生んだと思う」とエステバン・オコンは語る。

「彼らはおそらくそれで僕たちをアンダーカットしていただろう。改めてガレージのみんなはトップの仕事をしてくれた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / F1ハンガリーGP / アルピーヌ