エステバン・オコン 「ターン1でランス・ストロールのミスに助けられた」 / F1ハンガリーGP 決勝
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、F1ハンガリーGPでの衝撃的な初勝利は、ターン1で友人のランス・ストロール(アストンマーティン)が引き越した破壊的な瞬間によって助けられたと語る。

表彰台争いが期待されていた主な候補者の何名かは、F1ハンガリーGPの1周目の1コーナーでチャンスが潰えた。そして、エステバン・オコンはその混乱で最も恩恵を受けたドライバーだった。

レース前の雨によって濡れた路面でスタートしたレースで、ターン1でコントロールを失ったバルテリ・ボッタス(メルセデス)がランド・ノリス(マクラーレン)に追突。セルジオ・ペレス、マックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルドへの玉突き事故となった。

その事故を避けようとしたランス・ストロールは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)に追突。5台がリタイアし、多くのマシンが損傷を負った。

エステバン・オコンとセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)は、それらの混乱を避けて、トップのルイス・ハミルトン(メルセデス)に次ぐ2番手と3番手に浮上。赤旗後のリスタートでメルセデスがインターミディエイトでステイアウトするという判断ミスを犯したことで、エステバン・オコンはレースをリード。残り70周でそのポジションに留めって、F1初勝利を挙げた。

エステバン・オコンは、レースのスタートについてランス・ストロールと話をしていたことを明かした。

「ランスはレースの素晴らしいスターターであり、彼は僕と同じようにそのようなコンディションを愛しているので、レース前にランスとチャットした」とレース後の記者会見でエステバン・オコンは語った。

「通常、僕たちはこのようなコンディションでいつも最前線に近づいていた。彼は、そういった瞬間はミスを犯しやすいと言っていた…でも、彼が僕を避けてくれてよかった」

「彼は僕のために少し道を開いてくれたし、ちょっとした幸運に恵まれた。その後、ルイスの後ろにいることができてうれしかった」

エステバン・オコン 2021年 F1ハンガリーGP

様々な要因がエステバン・オコンに味方したのは確かだ。天候、ターン1の混乱、メルセデスF1のミス、セバスチャン・ベッテルのスローピットストップ、そして、チームメイトのフェルナンド・アロンソのディフェンシブドライブなど、あらゆる要因がオコンの初勝利に繋がった。

また、ウィリアムズが混乱を生かして2018年以来となるダブル入賞を果たすという想定外の支援もあった。

前半戦に4番手を走行したニコラス・ラティフィは、エステバン・オコンとセバスチャン・ベッテルが残りのフィールドとのギャップを築くことを可能にし、ジョージ・ラッセルは、ピットで違法な追い抜きを実行してアルピーヌを前に戻すために減速した。

「このようなピットレーンからスタートしたことがなかったので、反応がかなり遅かった。初めてだったし、追い越しが許されたと思った」とジョージ・ラッセルの動きについてエステバン・オコンは語った。

「だから、僕はスチュワードやチームに何も言わなかった。ジョージは僕たちよりも反応が良く、僕たちを追い抜いたと思った。だから、僕は戦う準備ができていたけど、どうやらそれは許されていなかったようだね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / F1ハンガリーGP / ランス・ストロール / アルピーヌ