F1
エステバン・オコンは、2018年以来F1でレースをしていなかったが、すでに2020年のF1復帰にむけてルノーF1チームでの仕事に励んでいる。

エステバン・オコンは、最初のステップは、ファクトリーでルノーF1チームを知ることだったと語る。「1月の初めと12月の目標はそうすることだった。2016年とそれ以前にもここで働いていたので僕にとってチームはそれほど新しくないとしてもね」とエステバン・オコンは L’Equipe に語った。

「でも、チームは非常に成長しているし、あらゆることが変わっている」

エステバン・オコンによれば、変えなければならないことのひとつは、ルノーのF1マシンのコックピットに収まることだった。昨年の最終戦アブダビGPでウィリアムズのジョージ・ラッセルが体調不良に陥った際に代役として声がかかったオコンだが、コックピットに収まることができなかった。

エステバン・オコンは、身長186cmあり、F1で最も背の高いドライバーのひとり。しかし、前任のニコ・ヒュルケンベルグも184cmと高身長だった。

「マシンの基本設計はかなり前に行われたため、ドライバーの部屋の大きさは少し凍結されていた」とエステバン・オコンは説明する。

「でも、チームは僕の情報を持っていて、マシンが僕がいた数年後も十分な大きさのままであったことは幸運だ。それによって、問題なく戻ってこれた」

次に、エステバン・オコンは、コックピットで内でステアリングの好みのボタンレイアウトなど他の変更も行っている。

「自分の仕事をやりやすくするためにやりたいことがたくさんある。僕たちはすでにそこに多くの時間を費やしている」とエステバン・オコンは語る。

「完了させるのがもっと難しいことはまだあるし、それには時間がかかるけど、僕たちはそこに取り組み続けている。まだ6日間のテストがあるのは、メルボルンにとって良いことだ」

2020年のエステバン・オコンのレースエンジニアは、ニコ・ヒュルケンベルグのマシンで働いていたマーク・スレイドが務める。

「数年前からマークのことは知っていた。彼は非常に長い間F1にいるし、多くのドライバーで多くの経験を積んでいるので、彼は僕たち全員が異なっていることを知っている」

「彼は非常にやりやすい人物だけが、お互いを非常によく理解する必要があるため、多くのシミュレーション作業を一緒に行っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ルノー