F1 ジョージ・ラッセル
エステバン・オコンは、同じメルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルのウィリアムズでのF1デビューを祝福した。

ウィリアムズは10月12日(金)、ジョージ・ラッセルを2019年のF1ドライバーとして起用することを発表。契約は複数年であることが発表されており、その点もエステバン・オコンと比較して有利だったと考えられている。

今年、フォースインディアに所属するエステバン・オコンは、ローレンス・ストロールによるチーム買収によって、来季はランス・ストロールにF1シートを奪われると考えられている。

エステバン・オコンは、ウィリアムズと交渉しており、来季F1グリッドに並ぶ最後の望みであることを明らかにしていたが、ウィリアムズがメルセデスのジュニアドライバー2名を起用する可能性は低く、オコンが2019年にF1グリッドに並ぶチャンスは事実上なくなった。

しかし、エステバン・オコンは、ジョージ・ラッセルのF1デビューを真っ先に祝福した。

「十分に値する。僕たちのスポーツにとって素晴らしいニュースだ」とエステバン・オコンは自身のTwitterで祝福した。

F1レースの道が断たれたエステバン・オコンは、他シリーズの転向を否定しており、来季はメルセデスのリザーブドライバーを務め、2020年のF1復帰を目指すと考えられている。

ウィリアムズは、2019年のもうひとりのドライバーをまだ発表していない。候補には現在ドライバーを務めるセルゲイ・シロトキン、リザーブドライバーのロバート・クビサ、そして、F2ドライバーのアルテム・マルケロフ、GP3ドライバーのニキーラ・マゼピンらの名前が挙げられている。

関連:ウィリアムズ、2019年のジョージ・ラッセルの起用を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン | ジョージ・ラッセル