F1 メルセデス エステバン・オコン
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、ジュニアドライバーのエステバン・オコンが2019年にF1シートを獲得できなかった場合、1年間F1から離れる可能性があることを認めた。

現在、フォースインディアからF1に参戦するエステバン・オコンだが、来季は新たにチームオーナーになったローレンス・ストロールの息子ランス・ストロールがシートを獲得するのは確実だとされている。

トロロッソ・ホンダはメルセデスとのコネクションのあるドライバーの起用を除外しており、現在、現実的に獲得の可能性があるシートはウィリアムズだけとなっているが、獲得に失敗した場合は、エステバン・オコンの計画は凍結せざるを得なくなるようだ。

「良いソリューションが見つかることを期待しているが、2019年のシートを切望しているわけではない。そうではなく、長期的に進めていきたいと思っている」とトト・ヴォルフは Sky Sport にコメント。

「最終的に彼はF1で素晴らしい成功うを収めることになるだろう。彼が1年間サバティカルを採ることになったとしても、問題ないと思う」

トト・ヴォルフは、若手ドライバーのためにチームが3台目のF1マシンを参戦させることを提案しているが、ライバルチームは難色を示している。

最近、パスカル・ウェーレインは、より多くの機会を得るためにメルセデスとの契約を解消しており、トロロッソ・ホンダのドライバー候補に挙げられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン