エステバン・オコン F1
エステバン・オコンは、F1に到達するために幼少期から成功するための巨大なプレッシャーに対処しなければならなかったと振り返る。

メルセデスの育成ドライバーであるエステバン・オコン(20歳)は、昨シーズン途中にマノーでF1デビュー。今年はフォース・インディアからフル参戦を果たし、チームメイトのセルジオ・ペレスと対等に渡り合ってる。

エステバン・オコンは、家族が注いでくれた努力を考えれば、失敗という選択肢はなかったと語る。

「成功していなければ、恐ろしいことになっていただろうとしか言えないね」とエステバン・オコンはコメント。

「幼い頃から本当に大きなプレッシャーがあった。普通の子供ではなかったね! 子供の人生ではなかったよ!」

「幼児から大人の人生に直行したと言えるかもしれない。それはちょっと大袈裟かもしれないけど、幼いときはそう感じてしまうものだ」

「とても早い段階から人生の事実を理解していた。厳しい時間だったよ。でも、今は楽しむための時間だね!(笑)」

エステバン・オコンは、レースでの成功がなければ、自分が今どこにいたかはわからないと述べ、ジュニアフォーミュラで活躍が目に留まり、メルセデスのサポートを受けられたことが大きく貢献したと語る。

「レースでの成功がなければ、パズルのピースは適切な場所に収まらなかった。たぶん、今はメカニックとして働いているか、別の簡単な仕事をしていたかもしれない」

以前、別のインタビューで、エステバン・オコンはトト・ヴォルフが自分のキャリアの手助けに乗り出していなければ、マクドナルドでハンバーガーを作っていたかもしれないと語っている。

「マクドナルドの例はちょっとしたジョークだったんだけど、世界中に拡散してしまった。でも、メカニックが最も可能性があったかもしれない」

「なので、そうだね、僕はハングリーだ。自分がどこから来たかはわかっているし、両親が僕のキャリアを可能にするためにあらゆる犠牲を払ってくれたこともわかっている。たぶん、そこはルイスと似ているね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン