F1 リバティメディア フェラーリ バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンは、F1の新オーナーであるリバティメディア、そして、F1で最も有名なチームであるフェラーリの両方を口撃した。

今年、アメリカ企業のリバティメディアがF1を買収。バーニー・エクレストン(87歳)は、実権のない名誉会長という役職でフルシーズンを過ごした。

最近、リバティメディアは2021年のF1エンジン案についてエンジンメーカーから猛反発を喰らっているが、バーニー・エクレストンは、F1運営する唯一の方法は“独裁者”だと語る。

「F1に民主主義はない」とバーニー・エクレストンは Sonntagsblick に語った。

「新しいオーナーはまもなくそれを思い知るだろう。これまで彼らは何も達成していないからね」

また、バーニー・エクレストンは、リバティメディアが2021年のF1エンジン案と予算キャップの計画を見直さなければF1から撤退すると脅迫しているフェラーリも口撃した。

「おなじみのゲームだ」とバーニー・エクレストンはコメント。

「彼らは、勝てなければ、たいていパニックを起こす」

「マックス・モズレーと私は常にフェラーリを助ける長いリストを書くことができたが、彼らは常にそれを否定している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン | フェラーリ | リバティ・メディア