F1 バーニー・エクレストン リバティメディア
バーニー・エクレストンは、F1の新オーナーでありリバティ・メディアにF1をファストフードのフランチャイズ店舗のように扱わないよう警告した。

今年初めまでF1の責任者を務めていたバーニー・エクレストンだったが、、リバティメディアは3年間はその地位に留まることを事前の約束していたにも関わらず、すぐに彼をCEOの役職から異動させた。

これまでバーニー・エクレストンは新経営陣に対する批判をかなり控えていたが、リバティメディアの行動すべてに同意していないのは明らかだ。

バーニー・クレストンは「私はずっとF1をミシュランの3つ星レストランのように扱ってきた。ファストフードのレストランのように扱うのは適切ではない」と Folha de S.Paulo に述べた。

「それはアメリカの基準だ。F1の基準をかなり下回っている。過去40年間F1に関わってきた人々は全員がもっと高い基準を期待している」

バーニー・エクレストンは、新経営陣は、F1の本質や事業運営方法をまだ完全に理解していないと考えている。

「彼らは目を覚ます必要がある。彼らに反対しているのではない。残念に思っているだけだ。歯科医に医者の仕事をやらせているようなものだ」

バーニー・エクレストンは、リバティメディアがF1を買収するために支払った高い金額は、自分がF1を築き上げるのに費やした40年に対する最高の検証だったと指摘した。

「私の仕事がよくなければ、彼らは会社を買収しなかっただろう。売却するには良いタイミングだと思った。我々は誤解されているかもしれない。後悔はしていない」

バーニー・エクレストンは、取締役会の名誉職を与えられているが、新オーナーは彼の意見には滅多に耳を貸すことはないと語る。

「私は会社でまだ高い地位に就いている。カウンセラーのようなものだと思う」と語るバーニー・エクレストンは、以前の役職に戻ることに興味はないと続けた。

「40年間やってきて、仕事に戻ってヒットマンのようにオーナーに物事の進め方を聞きたいとは思わない。まるで誰かを殺すために雇われ、そのあとで『何をするべきか?』などを考えるようなものだ」

バーニー・エクレストンは、F1のCEOとしての座を“騙されて”追われたとは感じていないと主張しつつ、その当時の異動は意外だったと述べた。
「騙されたと感じたとしたら、何か対応をとっただろう」とバーニー・エクレストンは語る。

「このようなことは人生で起きるものだ」

「おそらく彼らは私に退くよう頼む方法を知らなかったのだろう。チェイス・ケアリーは私の地位が欲しかった。だから、私は彼に『車を買ったのだから、あなたが運転すればいい』と言ったんだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン | リバティ・メディア