バーニー・エクレストンとフラビオ・ブリアトーレ
バーニー・エクレストンが、フラビオ・ブリアトーレが所有するサッカークラブのクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)の株式を買い取り、過半数株主になった。

これまでの報道では、フラビオ・ブリアトーレとバーニー・エクレストンは、QPRとの関係を断ちたがっており、フォース・インディアのチーム代表ビジェイ・マリヤにクラブを売却しようとしているとされていた。

しかし、バーニー・エクレストンはクラブの株式所有率を60%以上に増やしたことを認めている。

バーニー・エクレストンは「私の名前を紙面に載せるためにクラブを買ったわけではない。ニール(QPR監督ニール・ワーノック)をサポートするために買った」と Daily Star にコメント。

「ニールはボールの蹴り方を教えてくれる。次の目標はプレミア・リーグだ」

Mirrorによると、フラビオ・ブリアトーレは、まだ少数株式を所有しているという。

バーニー・エクレストンは「現在、62%の株式を保有している」と述べた。

「マンチェスター・ユナイテッドやアーセナルと争えるとは思っていない。楽しみためにやっていることであり、何が起きるかみてみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン