F1イギリスGP 金曜フリー走行:全ドライバーコメント(2)
F1イギリスGPの金曜フリー走行の下位5チームのドライバーコメント。2020年のF1世界選手権 第4戦 F1イギリスGPの2回のフリー走行が7月31日(金)にシルバストーン・サーキットで行われた。

初めての8月開催となったF1イギリスGPだが、金曜日は例外的に高い気温のなかでセッションが行われた。午前中はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイムを記録。午後にはランス・ストロール(レーシング・ポイント)がトップタイムをマークした。

アルファタウリ・ホンダF1
ピエール・ガスリー
「シルバーストンに今年も戻ってこれてうれしい! シーズン通して行われるサーキットの中でも、指折りのサーキットの1つだと思う。多くの周回を走ることができ、予定していたテストも終えることができたので、いいスタートを切れたのではないだろうか。でも、まだマシンの感触にはしっくりきていない。今夜の作業で正しい方向に改善できれば、明日はさらにいいパフォーマンスを発揮できる自信があるので楽しみだ」

ダニール・クビアト
「FP2の中盤、ニュータイヤでの走行中に赤旗となってしまい、十分に走ることができなかったものの、レースウイーク初日は成果を得られたと思う。ニュータイヤでの走行をあきらめ、セッションの残りはユースドタイヤで走らなくてはならなかったのが少し残念だった。それ以外は、予定していたテストもいくつかこなすことができたし、マシンのバランスにも手応えを感じた。今夜データの解析に努め、明日に向けて何を改善できるか見つけていきたいと思う」

レーシング・ポイント
ランス・ストロール
「今日は良い一日だった。FP2でトップに立つことは素晴らしいことだ。今日のマシンはショートランとロングランの両方で強力だったので、僕たちにとって週末へむけた有望なスタートだ。シルバーストンがマシンに合うことをわかって週末に入ったし、予選とレースが本当に重要な場所だけど、今週末の多くのポイントを獲得するために良い戦いができそうだ。チェコ(ペレス)のことは残念だよ。彼がいないのは寂しいけど、ニコがチームに戻ってきたのは素晴らしいことだだ。このマシンのドライビングを楽しんでいるだろうね。彼も競争力を見せているし、素晴らしいことだ」

ニコ・ヒュルケンベルク
「この24時間は本当に特別だった。昨日の午後4時30分にオトマー(サフナウアー/チーム代表)から電話をもらい、飛行機に乗った。ファクトリーに到着し、午前2時までシートフィッティングをしていた。今朝は午前8時からシミュレーターに乗り、いくつか有益な準備作業ができた。今日僕をマシンに乗せるために素晴らしい仕事をしてくれたチーム、そして、スーパーライセンスの件で協力し、素早く対応してくれたFIAに感謝したい。今日の主なプラスの点点は、チームのプログラムを全て完了して、たくさんのラップを走り込めたことだ。思い切って飛び込む必要があったけど、マシンのポテンシャルは理解できた。ソフトタイヤではもっと引き出せたと思うけどね。旧知の顔ぶれと仕事ができてうれしかったし、それも感覚を取り戻すのに役に立っている。今夜みんなと仕事をするのが楽しみだ。明日はマシンから確実に全てを引き出せるようにしたい」

アルファロメオ
キミ・ライコネン
「忙しい金曜日だったが、ここまでのところはいい感じだ。タイムは少し有望に見えるが、まだ金曜日であり、実際にそれらから結論を出すことはできない。僕たちが分かっているのは、この週末を最大限に活用するためにやるべきことはまだあるということだ。アップグレードは期待どおりに機能しているように見えるが、まだ始まったばかりだ。明日は何がもたらされるのか、特に天候に関しては誰にもわからない。コースに出てやるべきことをやるだけだ。以前よりも良いポジションにいられることを願っている」

アントニオ・ジョビナッツィ
「今日示したことにはかなり満足しているけど、まだ週末は始まったばかりだし、浮かれるわけにはいかない。朝は特に風が強くてかなりトリッキーだったが、午後ははるかに良くなった。予選とレースペースの両方に関していくつかの良い前進を遂げたと感じている。このレースのために導入したアップグレードはうまく機能しているようだし、これを土台にして構築していきたい。明日は状況が異なるかもしれないので、僕たち何にでも対応できる準備ができている必要がある。冷静さを保ち、とにかく仕事をする必要がある」

ハース
ロマン・グロジャン
「実際には、マシンの挙動などにおいてポジティブな1日だった。また、午後にマシンの調子が良くなるように、いくつかの良いセットアップ変更ができたと思う。これは素晴らしいことだ。残りの週末の課題は、今日のような高温に再び遭遇しないことだ。そのため、今日行われたすべての作業は、日曜日の状況を予測する必要がある。バランスはまあまあだし、マシンのベストを手引き出せているけど、16番手と19番手は明らかに理想的ではない。できれば明日は1台でもQ2に進んで、中期的には2台ともQ2に行けるようにしたい。レースに関しては他の人たちよりもデグラデーションがマシかどうかを見てみる必要がある」

ケビン・マグナッセン
「今日は暑かったので物事が困難になった。タイヤが本当に熱くなてちた。このコースは、高速コーナーがあり、暑いときはタイヤがオーバーヒートしやすい。今日は興味深い1日だった。明日の涼しい気温が僕にとってより良いかどうかを見るのは興味深い。それはVF-20の学習のもう1つの要素になるだろう。僕たちはあまり速くなさそうだけど、それは予想していたし、今の僕らにあるものを生かそうとしている。もう少し引き出せそうだけど、どうなるか見てみよう」

ウィリアムズ
ジョージ・ラッセル
「今日は難しいコンディションだったが、ペースはまあまあだったと思う。チームとしては、このサーキットはハンガリーほど僕たちのマシンには合っていない。アルファロメオはかなり速く見えるので、今週末はハースと競争することになると思う。ダウンフォースとドラッグの適切な妥協点を見つけようとしている。ここには多くのストレートがあるけど、高速コーナーがたくさんあるので、コプス、マゴッツ、ベケッツをできる妥協することなく走る必要がある。シルバーストンは僕のホームレースだ。去年はファンでとても話題になたったけど、残念ながら今年はそうではない。でも、マシンにペースがあるおかげで、興奮レベルはそれ以上だ。まだ自分たちが望む位置ではないけれど、少なくとも戦うチャンスはあると思っている」

ニコラス・ラティフィ
全体的に、トラックを運転した経験としてはかなり楽むことができた。カレンダーの中でも大好きトラックスなので、ここでこのマシンを走らせるのを楽しみにしていた。高速なのでとても楽しい。全体として、FP1の最初の走行は悪くなかったけど、その後、問題があってそのせいでプログラムに少しだけ影響した。FP2に向けていろいろ試したけど、マシンの感触の面ではほとんど機能しなかった。自分が望んでいたペースではなかったし、一貫性に苦しんだ。重い燃料の走行に関しても自分自身のドライビングの一貫性に満足していない。これだけ難しかった理由についてはなんとなく見当がつくけど、当然、今夜にいろいろと分析しないといければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ドライバー / F1イギリスGP