2013年 F1ドライバー
2013年のF1ドライバー・ラインナップが出揃った。

チャンピオンチームのレッドブルは2013年から“インフィニティ・レッドブル・レーシング”に改名。セバスチャン・ベッテルがカーナンバー1、マーク・ウェバーがカーナンバー2をつける。

フェラーリは、フェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサのコンビを継続。ロータスもキミ・ライコネンとロマン・グロージャンを引き続き起用する。

他にドライバーに変化はないのは、ダニエル・リカルドとジャン・エリック・ベルニュを起用するトロ・ロッソのみ。移籍や新人起用でドライバーの入れ替わりが激しいシーズンとなる。

最大の動きとしては、ルイス・ハミルトンがマクラーレンからメルセデスAMGに移籍。ニコ・ロズベルグとコンビを組む。ルイス・ハミルトンの移籍によってできたマクラーレンの空席には、ザウバーからセルジオ・ペレスが移籍し、ジェンソン・バトンとペアを組む。

ザウバーのセルジオ・ペレスの後任には、同郷のエステバン・グティエレスがリザーブドライバーから昇格。またフォース・インディアからニコ・ヒュルケンベルグが移籍し、ザウバーはドライバーラインナップを一新。リザーブドライバーにはフォーミュラ・ルノー3.5のチャンピオン、ロビン・フラインスを起用する。

ウィリアムズは、2011年のGP3チャンピオン、バルテリ・ボッタスがリザーブドライバーから昇格し、パストール・マルドナドとチームを組む。

ケータハムは、今年マルシャでF1デビューを果たしたシャルル・ピックと複数年契約を締結。2つ目のシート候補は、リザーブドライバーを務めたギド・ヴァン・デル・ガルデが獲得した。

フォース・インディアは、ポール・ディ・レスタが残留。ニコ・ヒュルケンベルグの移籍によってできた空席には、エイドリアン・スーティルがF1復帰を果たすことになった。

リザーブドライバーのマックス・チルトンが昇格したマルシャは、1月21日(月)に資金面と思われる理由でティモ・グロックとの契約を解消。一旦、後任にスポンサーを持ち込めるルイス・ラジアを起用したが、3月1日にスポンサー問題によりラジアとの契約を解消。ジュール・ビアンキをドライバーとして起用することを発表した。

HRTは、今シーズン限りでF1から撤退することになり、ペドロ・デ・ラ・ロサとナレイン・カーティケヤンはシートを喪失。ペドロ・デ・ラ・ロサは、フェラーリの開発兼リザーブドライバーに就任した。

その他、2012年のドライバーで来季F1グリッドにいないことを発表しているのは、引退を発表したミハエル・シューマッハとザウバーのシートを喪失した小林可夢偉。2013年シーズンはF1グリッドから日本人ドライバーが姿を消すことになる。

2013年 F1ドライバー ラインナップ


インフィニティ・レッドブル・レーシング / Infiniti Red Bull Racing

1.セバスチャン・ベッテル
2.マーク・ウェバー

スクーデリア・フェラーリ / Scuderia Ferrari

3.フェルナンド・アロンソ
4.フェリペ・マッサ

ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス / Vodafone McLaren Mercedes

5.ジェンソン・バトン
6.セルジオ・ペレス

ロータス F1チーム / Lotus F1 Team

7.キミ・ライコネン
8.ロマン・グロージャン

メルセデスGPペトロナス F1チーム / Mercedes AMG Petronas F1 Team

9.ニコ・ロズベルグ
10.ルイス・ハミルトン

ザウバー F1チーム / Sauber F1 Team

11.ニコ・ヒュルケンベルグ
12.エステバン・グティエレス

サハラ・フォース・インディア F1チーム / Sahara Force India F1 Team

14.ポール・ディ・レスタ
15.エイドリアン・スーティル

ウィリアムズF1チーム / Williams F1 Team

16.パストール・マルドナド
17.バルテリ・ボッタス

スクーデリア・トロロッソ / Scuderia Toro Rosso

18.ダニエル・リカルド
19.ジャン・エリック・ベルニュ

ケータハムF1チーム / Caterham F1 Team

20.シャルル・ピック
21.ギド・ヴァン・デル・ガルデ

マルシャ F1チーム /Marussia F1 Team

22.マックス・チルトン
23.ジュール・ビアンキ

関連:
小林可夢偉、2013年のF1シート獲得を断念。募金の受付も終了 - 2012年12月18日
ミハエル・シューマッハ、2度目の引退を発表 - 2012年10月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ドライバー