ポール・ディ・レスタ
フォース・インディアのリザーブドライバーを務めるポール・ディ・レスタが、F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

ポール・ディ・レスタ (フォース・インディア)
「韓国は、チームが新しトラックや施設にどのようにアプローチするかを見れたので、素晴らしい経験だった。またコンディションが変化したあのようなレースを過ごせたkとは、チームがどのように進化するコンディションに対処して、それらに反応するかというリアルな洞察が得られた。僕たちはチャンピオンシップ6位をかけたタイトな争いのなかにいるので、僕たちが得た結果はチームにとって本当に後押しになった」

「これからブラジルに向かう。初めて訪れる国だし、もうひとつの新しいトラックだ。これまでシーズンの一分一分を楽しんでいるし、それぞれのイベントに備え、サーキットを学び、チームを理解してきている。DTM選手権の終わりが近づいているので、僕にとって一年で忙しい部分ではあるけど、まさにこの時期に2つのダイナミックなシリーズの一員でいられることはとても刺激的なことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ポール・ディ・レスタ | フォース・インディア | F1ブラジルGP