ポール・ディ・レスタ ウィリアムズ
ウィリアムズは、ポール・ディ・レスタが2017年もリザーブドライバーを継続することを発表した。

2006年にF3ヨーロッパ選手権でチャンピオンを獲得したポール・ディ・レスタは、2009年にフォース・インディアにテストドライバーとして加入。2010年にDTMチャンピオンを獲得した後、2011年にフォース・インディアでF1デビュー。3シーズンを戦い121ポイントを獲得している。

2016年にリザーブドライバーとしてウィリアムズに加入したポール・ディ・レスタは、2017年もその役割を継続。、シーズン中にコックピットに乗る事態に備えて、ウィリアムズ FW40のコントロールと手順に完全に慣れるためにレースでチームに帯同しつつ、シミュレーターで準備を進める。

ポール・ディ・レスタ
「2017年シーズンもリザーブドライバーとしてウィリアムズに残ることを嬉しく思う。FW40のコントロールと手順に取り組み、新しいレギュレーションを理解するのを楽しみにしている。この機会を利用して、クレアとウィリアムズのみんなの継続的なサポートに感謝を伝えたい」と述べた。

クレア・ウィリアムズ (ウィリアムズ 副チーム代表)
「チーム内にポールのような経験のある人材を保持できるのは素晴らしいことです。2017年シーズンの新しいレギュレーションが導入されることを考えれば、彼の広範囲なF1の知識は貴重です。昨年、ポールはチームにとって大きな強みでした。2017年も彼と仕事を続けられることを本当に嬉しく思います」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ポール・ディ・レスタ | ウィリアムズ