ダニール・クビアト 「レースは1年休んで2022年のF1復帰に集中していく」 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のシートを失ったダニール・クビアトは、2021年はレースキャリアを中断して2022年のF1復帰に焦点を得ていくと語った。

過去にレッドブルから契約を解除されたダニール・クビアトだが、2019年にレッドブルファミリーに戻り、過去2シーズンをアルファタウリ・ホンダでのレースに費やしてきた。

しかし、2021年のピエール・ガスリーのチームメイトとしてホンダF1とレッドブルの両方の育成ドライバーである角田裕毅の起用を決定。ダニール・クビアトのレッドブルでのスティントは2度目の終わりを迎えた。

ダニール・クビアトは“2022年を見据えて”休暇に入ると語った。

「戻ってきたいと思っている。自分の気に入っている適切なマシンの周りに適切な人々がいて、適切な雰囲気にいると感じているからね」とダニール・クビアトはコメント。

「僕はとても競争力があるし、まだ与えられることはたくさんあると感じている。もちろん、この数年間のすべてに感謝している」

「チームとのこの2年間は本当に素晴らしいスティントだった。ファンタスティックだった。彼らは素晴らしい」

レッドブルでの日々は“終わった”と考えているかと質問されたダニール・クビアトは「何が起こるかは決して分からない」と語る。

「人生は決して決して何が起こるかわからないことを教えてくれる。もちろん、僕たちは今まで別れたりくっついたりしてきた」

「僕はこの2年間契約を結んでいた。そういう契約だった。それだけのことだ。それ以外のことは、ヘルムート(マルコ)に聞いてほしい」

前回、レッドブル・ファミリーから外されたとき、ダニール・クビアトはフェラーリF1のテストドライバーの役割を果たしていた。

だが、再び契約解除に直面した場合には、むしろ1年間家にいることを選ぶかもしれないとダニール・クビアトは語る。

「多くのアイデアを受け入れている。今は何も言えることはないけどね」とダニール・クビアトは語った。

「来年は、レースに関しては、たぶん1年の休暇が欲しいと思う。でも、どうするか見てみるつもりだ」

「本当にかなり良いものが出てきたら、もちろん、イエスと言うことについて考えるだろう」

「それ以外の場合は、2022年にF1に戻ってくることに集中しようと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / アルファタウリ