ダニール・クビアト 「マシンはあまりいい感触とはいえない」 / アルファタウリ・ホンダF1 シュタイアーマルクGP
アルファタウリ・ホンダF1のダニール・クビアトは、2020年のF1世界選手権 第2戦 F1シュタイアーマルクGPの初日を12番手で終了。「マシンはあまりいい感触とはいえない」とし、改善を目指していくと述べた。

FP1ではターン3でスピンを喫するなど11番手で終えていたダニール・クビアトは、FP2でもマシンに苦戦。12番手で初日のセッションを終えた。

「明日走行が可能かどうか分からなかったので、今日は多くのことを試し、いつもと違うレースウィークの金曜日になった。マシンはあまりいい感触とはいえないが、改善していける部分は多くあると思う」とダニール・クビアトはコメント。

「しかし、レースウィーク中に改善していくべき点を見つけることが、通常の金曜日のあり方だ。まずは今日のデータ解析に集中をして、できる限りの準備をしていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / ホンダF1 / F1オーストリアGP / アルファタウリ