F1 ダニール・クビアト レッドブル・ホンダ
ダニール・クビアトは、将来、レッドブル・ホンダとともにグリッドのトップに戻る可能性があるとロシアGPのプロモーターの責任者アレクセイ・ティトフは語る。

ダニール・クビアトは、スランプに陥ってレッドブルのプログラムから完全に外された過去があるが、アレクセイ・ティトフは現在、最高の状態に戻っていると太鼓判を押す。

「ダニールのキャリアはとても興味深い」とアレクセイ・ティトフは Izvestia にコメント

「確かなことは、今の彼が成熟しているということだ。彼は内なる悪魔を克服することに成功し、今はレース毎にクールな頭で臨んでいる」

「k都市のトロロッソのクルマは非常に有能だし、ダニールは非常に才能のあるアスリートだ。少しの運に恵まれれば、彼は絶対に皆を驚かせることにあると思う」

アレクセイ・ティトフは、そのサプライズはF1のトップチーム、すなわり、レッドブルへの復帰だと語る。

「間違いない。去年、ダニールがフェラーリの開発ドライバーだったとき、誰もが彼はレースドライバーとして復帰するチャンスはないだろうと言っていた」

「だが、たったの一年で彼は再びそこにいる。これからの大きな問題は、彼が今年結果を示せるかだ」

「その観点で言えば、Ff1は常に透明なスポーツだ。結果が出ていれば、前進がある。その逆もしかりだ」

レッドブル・ホンダは、ピエール・ガスリーのシート喪失の噂が絶えない。先週のF1モナコGPではレッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグと交渉したと報じられたが、ヘルムート・マルコは即座に否定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / レッドブル / トロロッソ / ホンダF1