デビッド・クルサードと婚約者カレン・ミニエ
デビッド・クルサードは、イギリス人ドライバーの中で最も多くのグランプリ・ポイント獲得を果たしているドライバーであり、レッドブル・レーシング立ち上げ当初からチームに貢献しているドライバーでもある。デビッドはどのようにして日曜日の午後のレースまでに体調を整えているのだろうか?グランプリで彼がどうやって冷静さを保っているのかを、時差ぼけ、朝食、レースの準備などについて語った。

サーキットで走行がスタートするのは金曜日の午前中ですが、現地入りするのはいつ頃ですか?
通常は木曜日の午後にサーキットへ行く。現地の気候に体を慣らす必要がある場合は早めにその国に到着するようにするが、そうでない場合は、出来る限りヨーロッパの自宅で過ごすようにしている。

時差ぼけ対策のアドバイスはありますか?
一番良いのは、飛行機の中でその時の気分に合ったことをすること。眠ければ眠ればいい。でも、眠れる気分じゃなかったら、眠らないでいいんだ。それが、自分の体が要求していることなんだからね。到着したら、もし夜ならば必ず睡眠を取ること。眠くなかったら睡眠薬を飲むとか、ワインを飲んだりして眠れるようにする。ぼくは旅先で眠れなかったことはないので、どちらもやったことはないけどね。一番重要なのは、朝は必ずその国の時間に合わせて起床すること。眠れなくても、朝起きれば、その日の夜には疲れてちゃんと眠れるからね。それで、時差ぼけは解決さ。

町のホテル、サーキットの近くのホテル、自分のモーターホームなど、レースの時はどんな場所に滞在するのが良いですか?
ヨーロッパのレースでは、パドックの近くに自分のモーターホームを停めている。外国のレースではサーキットの近くのホテルに滞在する。

必要なものは全てホテルに揃っていると思いますが、自宅から必ず持って行くというものはありますか?
ipod とスピーカー。自分の音楽が聴きたいからね。洗面用具とかも持って行くよ。ホテルのシャンプーとか石けんとかは好きじゃないんだ。

特にいつも一緒に時間を過ごすドライバーはいますか?
ジェンソンは一緒に休暇を過ごしたこともあるので、他のドライバーよりも良く知っているけど、グランプリの週末はあんまりドライバーとは付き合っていないね。

ナイトライフという意味で一番気に入っているレースは?
例えばモントリオールやメルボルンなど、時間的に余裕がある海外のレース。でも、現実的にはレースがある週は時差ぼけを治したり、トレーニングしたりしているので、あまり遊びに出かけて騒いだりはしないね。レースによっては日曜日の夜に出かけることもあるけど、大したことはしていないね。

最高の一夜を過ごしたグランプリは?翌朝、寝坊したことはありますか?
寝坊したことは一度もないし、グランプリの前に夜遊びすることなんてない。ディナーに出かけることはあっても、遊びには行かない。

レースの日曜日の朝食には何を食べますか?
その日の気分しだい。大抵はミューズリー、卵、フルーツといったものだけど、これと決めているものはない。準備が必要なのはグランプリが始まる前で、レース当日の朝じゃないので。

レースの日曜日の午前中はどうやって過ごしていますか?
普通はリラックスして過ごす。ぼくがF1に来たばかりの頃は、午前中はワームアップがあったので、7時半にはサーキットに行って8時半からワームアップをやっていた。でも、今は午前中には何もないから、ここ(バーレーン)では11時半ぐらいにサーキットに行くつもりだ。もしかしたら、午前中は軽いエクササイズをやったり、ちょっと泳いだりして、ホテルのプールサイドで寝ているかも。

日曜日の朝は、どうやってサーキットに行くのですか?自分で運転して行くのですか?
通常は、ぼくのトレーナーが運転する。

レース直前の1時間ぐらいは何をして過ごしますか?幸運のために必ずやるレース前の儀式など、迷信的なことで信じていることはありますか?
迷信的なことはやらない。ただ、いつもワームアップやストレッチをやって、自分の道具が全てチェックされているかを確認する。そういった、決まったルーティンがあるだけだ。

フォーメーションラップを待ちながらグリッドに並んでいるとき、どうやって気持ちを落ち着かせるのですか?
自分の仕事に集中している時は、気持ちを落ち着かせるなんてことは問題じゃない。

レースの後、リラックスするには?
紅茶を飲んで、その週末の出来事を考える。

思い通りにいかずに早くリタイヤになった場合、すぐにサーキットを去りますか?それとも、レースを最後まで観ますか?
レース終了を待たずに帰ったこともあるが、それは、その後に長時間運転しなければならなかったからで、滅多にあることじゃない。通常は残って、ミーティングをやって、改善策などを話し合う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / デビッド・クルサード / レッドブル