F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、シャルル・ルクレールが加わった2019年のフェラーリの新たなドライバーラインナップは、メルセデスのルイス・ハミルトンにとって手強い相手になると予想する。

今年、フェラーリは長年チームに在籍してきたキミ・ライコネンに代えて、アカデミー出身の若手有望株であるシャルル・ルクレールを起用。昨年、ザウバーでF1デビューを果たしたルクレールはその巧みなレースクラフトで高い評価を得てきた。

シャルル・ルクレールの加入によって、4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルもうかうかしてはいられないだろう。チーム内での立場を守るためんも高いパフォーマンスを発揮しなければならな状況に置かれることになる。

フェラーリの2019年F1マシン『SF90』は現時点でメルセデスよりも優位になっていると考えられており、デビット・クルサードはフェラーリのドライバー体制変更の相乗効果によってメルセデスとのタイトル争いに挑むことができると考えてる。

「セバスチャンとシャルルのペアは、セバスチャンとキミのペアとは比べものにならないほど、ルイスにとって危険な状況をもたらす可能性がある」とデビッド・クルサードは Daily Mirror にコメント。

「昨シーズン、私はキミが頻繁に勝つことはないと予想していたし、実際その通りになった」

「シャルルに関しては、今年のうちに表彰台でシャンパンを振りまく機会は少なくとも2回はあると思っている。逆にそうならなければ驚きだ。彼はまだ若く、やる気に満ち溢れているし、セバスチャンをプッシュできる十分な速さもある。セブだけでなく、ルイスも彼に注意する必要があるだろう」

「昨年、フェラーリは完璧な戦いができたとは言えない。セブもキミもチームからベストなサポートを受けたとは感じていないと思う」

「フェラーリが実際にルイスが警戒するような要素になりたいと思うなら、もっと積極的に戦う必要がある。それはドライバーも同じだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: デビッド・クルサード | フェラーリ